男が「妻にはできない!」と思うのはこんなタイプ

結婚をためらう女の特徴TOP10

2014.12.04 THU

世論調査


女性の好みは千差万別。「共働きがいい」と考える人もいれば「家庭に入ってほしい」と考える人もいる。思い描く結婚生活が送れるような、タイプの女性に巡り会えることを祈ろう!
「“恋人にしたい女性”と“妻にしたい女性”は別」――とは男性からよく聞く話。いくら魅力的でも、結婚するのはためらってしまうタイプの女性がいるという。では、男性たちはどんな女性だと結婚に尻込みしてしまうのか? 20~30代の独身男性200人を対象にアンケート調査を実施した。

●結婚をためらう女の特徴TOP10
(1~3位を選択、1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとして集計。協力/アイリサーチ)

1位 自分では稼ぐ気のない「玉の輿願望」女子(234pt)
2位 頻繁に夜中まで飲み歩く「お酒大好き」女子(218pt)
3位 上昇志向が強い「成り上がり願望」女子(117pt)
4位 深夜残業も慣れっこな「仕事大好き」女子(77pt)
5位 前世とか占いが大好きな「スピリチュアル系」女子(74pt)
6位 色気を捨ててウケに走る「芸人系」女子(61pt)
6位 愛犬・愛猫を何匹も飼う「ペット溺愛」女子(61pt)
8位 ブレイクする日を夢見る「自称タレント&モデルの卵」女子(55pt)
9位 二次元の世界に夢中な「オタク系」女子(50pt)
10位 自分磨きに熱心な「意識高い系」女子(47pt)

やはりというべきか、夫への依存度が高い「玉の輿願望」女子と、家事をおろそかにしそうな「お酒大好き」女子が他を大きく引き離してツートップとなった。自分に負担がかかりそうな女性にオトコは尻込みしてしまう傾向があるようだ。それでは、各タイプに寄せられたコメントを見ていこう。

【1位 玉の輿願望女子】
「生活水準の要求が高そう。実家生活と比較されると辛い」(37歳)といった金銭感覚のズレを危惧する声のほか、「最近はお互いに働くのが普通。自分で稼ぐ気がないのは困る」(27歳)、「今の時代、共働きで稼がないと子育てなどできそうにない」(28歳)のように、「共働きしてほしい」と考える男性が多数。

【2位 お酒大好き女子】
「金がかかりそう」(27歳)、「自分があまりお酒を飲まないから」(26歳)など飲まない男性から不評。夜中まで飲み歩くという点で、「浮気されそう」(37歳)と不安に思う男性も。

【3位 成り上がり願望女子】
「一緒にいて疲れそう」(29歳)、「自己主張が激しすぎそう」(28歳)と、あまりに上昇志向が強い女性は苦手とされるようだ。

【4位 仕事大好き女子】
仕事を頑張る女性ならOKかと思いきや、「仕事より家庭を大事にしてほしい」(30歳)という意見も少なくない。また、「一緒に過ごす時間が少なくなりそう」(37歳)のように、そもそも結婚生活が成り立つのか心配する声も。

【5位 スピリチュアル系女子】
「会話が合わなそう」(24歳)のほか、「他力本願で自分で努力せずに、すべて占い運勢に頼りそう」(36歳)と、占いにのめり込み過ぎる姿勢に引いてしまうよう。

このほか、6位【芸人系女子】には「色気は捨てないでほしい。女として見られなくなる」(38歳)、【ペット溺愛女子】には「ペットにばかり愛情が行き過ぎて、自分のことを考えてくれなそう」(28歳)という声。女性らしく、かつ自分を一番に考えてほしいというのが男ゴコロということか。

一生を共にするパートナーだからこそ、男性が結婚相手選びに慎重になるのは当然のこと。でも、ある程度は妥協してもらえると嬉しいんですけどね、女性としては…。
(有栖川匠)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト