自分でやるとあんまり気持ちよくないのはなぜ?

セルフでも気持ちいいマッサージ法

2014.12.05 FRI


セルフで効果のある足裏マッサージ。ただ、本当に疲れたときはやっぱりプロにお世話になるのが正解!?
1年の疲れがどっと出てくるこの時期。急場しのぎに自分で肩を揉んだり、ツボを押してみたりするけどあんまり効果がないような。お店でやってもらうとあんなに気持ちがいいのに…。自分でやる“セルフマッサージ”でも気持ちよくなれるコツを、プロに教えてほしい! ということで、表参道と銀座にあるマッサージ整体院「なごみや」オーナー・伊澤よしひささんにお話を伺った。

「自分で肩や腰を揉んでも気持ちよくないのは、力を入れるときに筋肉が収縮して、緊張が取れず気持ちもリラックスできないからです。また、体勢的に体重をかけられないので、『圧す』というよりも『押す』という不安定な刺激になってしまうことも原因です」

なるほど。特に肩や腰は自重がかけられないので、セルフマッサージには向いてないとのこと。ただ、自分でやっても効果がある箇所があるとか。

「自分の体重がかけられる“足裏”は、セルフマッサージでも効果があると思います。あぐらをかくように右膝を曲げて右足裏が上を向くようにします。左肘をピーンと伸ばして親指で足裏を指圧します。右手も左手に重ねて体重を乗せ、『気持ちいい』と思う場所を“圧して”ください。足の指を刺激するのもいいですよ。コツは肘を伸ばすこと。それによって足全体に均等な力が加わります」

実際にやってみると、あまり力を入れなくても自重で強めの圧がかかり、かなり気持ちいい! さすがはプロのアドバイスです。しかし、セルフマッサージには注意も必要なんだそう。

「過度な力を加えてしまうと、筋肉を痛めてしまうなど逆効果になることもあります。セルフマッサージはリラクゼーションの一環くらいに捉え、より効果を期待するならやはり資格をもったプロによる施術をお勧めします」

やはり餅は餅屋。1年間頑張ったご褒美として、プロの技でたまった疲れを取ってもらうのが正解のようです。

(辺土名悟/GRINGO&Co.)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト