食から始める出世プロジェクト

デキるオトコは自炊から!

2014.12.18 THU


(左)贅沢な辛さだけでなく、旨味にもこだわった本格的な麻婆豆腐を楽しめる<中辛>(右)3種の豆板醤が織りなす贅沢で極上の辛さと旨味、本格感を楽しめる<辛口> 
年末に入り、これまで以上に多忙な毎日を過ごしている人も少なくないはず。日々時間に追われていると、どうしてもおろそかになるのが食事…。家を出るギリギリまで寝ている朝は朝食を抜き、昼はコンビニ弁当でカンタンに。夜は残業の合間や帰宅途中に時間をかけずにファストフード…なんて生活を続けていては、普段以上に活力が必要なこの時期に力が出ず、ついつい残業も増えてしまいがち。で、翌朝は起床が遅くなって、また朝食を抜き…なんて負のスパイラルにおちいってしまうことも…。せめて一日一食くらいは、しっかりとおいしいものを食べて、身も心もリフレッシュできる瞬間を作りたいもの。

そこで重宝しそうなのが、こちら『贅を味わう麻婆豆腐の素』。「麻婆といったら丸美屋」の丸美屋が作り上げたワンランク上のひき肉入りタイプの麻婆豆腐の素だ。特長は、贅沢な辛さやコクを追求するために採用された3種類の豆板醤。丸美屋「麻婆豆腐」シリーズの要となる“ベースの豆板醤”に加え、辛みとコクにこだわって主原料の唐辛子を選んだ“辛みの豆板醤”、さらに発酵期間を長めに設定し、味に厚みを出した“コクの豆板醤”の3種を使い、そこに花椒(ホアジャオ)と唐辛子の風味と辛さを抽出した香味油と豆豉、甜麺醤(テンメンジャン)を加えることで、本格感を実現した。

ひき肉入りなので、フライパンで豆腐を煮込むだけ。いろいろな調味料を用意しなくても、複雑で贅沢な辛さとコクをもった、あの本格的な麻婆豆腐が自宅でカンタンに作れてしまうというお手軽さが、忙しいビジネスマンにはうれしいポイント! 帰宅が遅くなっても、ごはんだけ炊けば、あとはほんのひと手間で、しっかり美味しい晩ごはんが完成! 1袋で2、3人前あるので、 ごはんにかけて麻婆丼にしたり、別添の花椒をかけてしびれる辛さを堪能したりと、1回で色々な楽しみ方が可能なので、気がつけば、ごはんが何杯も進んで、しっかり満腹に! 明日からの活力も十分チャージできそうです!

短い時間でも、一日の終わりにキッチンに立てば、仕事モードをリセットするためのよいリフレッシュタイムになるはず。仕事の質は毎日の食事から! しっかり食べれば出世も近づくかも!? 今日あたり帰り道に『贅を味わう麻婆豆腐の素』をゲットして、オトコの食事改善を始めてみては?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト