モテ部屋変身講座

部屋のくぼみで釘ナシ手作り整理棚

2015.01.13 TUE


After●炊飯器や電子レンジをのせてもビクともしないほど強靭な造り。ステイン塗料でヴィンテージ風に【ピックアップアイテム】BRANAS バスケット ホワイト 各1490円 問イケア・ジャパン 050-5833-9000(在庫要問合せ) すのこ 2枚セット 500円 針葉樹板 1400円 (1800mm×900mmの板よりサイズにカット) ステイン 2000円 ブロンズよーと(調理器具用フック) 100円 森カズシゲ= 撮影
キッチンや脱衣所にある謎のくぼみ。うまく収納スペースとして使いたいけど、ぴったりハマる家具を探すのって大変だよなぁ。

「くぼみにハマるサイズの棚を、自分で作っては?」(窪川さん)

まさか日曜大工ですか!? それはさすがにハードルが高い気が…。

「簡単に作れるんですよ。必要なものはすのこと板だけ。板は、くぼみの幅から、すのこの厚みを引いた長さのものを用意しましょう」

釘やネジを使わずに作れるってこと? 組み立て方を教えて!

「くぼみの両側の壁にすのこを立てて置き、その間に板を渡すだけ。すのこの脚になる部分に板をのせると段ができ、棚になります。板の長さをくぼみの幅に合わせると、釘がなくても自立するんですよ」

ナチュラルな色のままだと、女子っぽい雰囲気だけど?

「棚を『ステイン』という塗料で塗っては? 木の質感を生かしながら、色を付けられるんです」

そんなものがあるのか。ただ、細かいアイテムが多くうまく片付かない…収納のポイントは?

「一番下にカゴを置き、その中に雑多になりがちなインスタント食品や調味料を入れて、目隠しすると全体がスッキリします。フックを付ければ、調理器具などをかけられて、使いやすくなりますよ」

初DIYでも作れそうな棚。今度の休みにチャレンジしようかな!

有竹亮介(verb)= 取材・文


窪川勝哉さん [ インテリアスタイリスト]
テレビ、雑誌『Men’s Club』『ELLE DECO』などのメディアを中心に、モデルルームのコーディネイトやホテルの客室コンサルティング、企業カタログなど、多分野で活躍中。「手作り棚のポイントは板のサイズ。くぼみの幅とすのこの厚さを丁寧に測ることが重要」

※この記事は2014年1月に取材・掲載した記事です

  • Before●微妙な空間でぴったりの家具を見つけるのは難しい
  • ステイン塗料+乾拭きで自然な仕上がりに

    すのこや板を塗ったステインは乾きが早く、ペンキよりも扱いがラクなのが魅力。木材に薄めに塗り、乾く前に布で乾拭きする。そのまま1時間ほど置くと、塗料が木材に浸透し、木目を生かした風合いに仕上がる。油性は扱いが難しいため、水性のステインを用意しよう。今回は焦げ茶を使ったが、赤や青、緑などカラーバリエーションも豊富

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト