「私と仕事、どっちが大事?」と言われたら…

選ぶなら「恋人より仕事」男性6割

2015.01.15 THU

世論調査


急な仕事が入りデートより優先しなくてはならないこともある! だってビジネスマンだから。そんな顔で見ないでください…
「私と仕事、どっちが大事?」。男性にとって、これほどやっかいな恋人の質問はないだろう。以前、R25編集部が調査したところ、実際にこの質問を突き付けられた20~30代の男性は約2割しかいなかったが、もし本当に選択を迫られたら、あなたならどちらを取るだろうか? 20代独身男性200人にアンケート調査を行った(調査協力:アイ・リサーチ)。

〈片方を選ばざるを得ない状況になった場合、どちらを選ぶ?〉
「恋人」派 43.0%
「仕事」派 57.0%

女性には申し訳ないが、「仕事」がわずかに多数派という結果に。働き盛りの男性にとっては仕方ない結果なのか…。まずは少数派である「恋人派」のコメントから。

■「恋人」派の意見
「一つだけの花」(28歳)
「(恋人は)人生そのものだから」(26歳)
「仕事の代わりはあっても彼女の代わりはない」(28歳)
「仕事に対して執着心が無いから」(23歳)
「本当に好きな人のためだったら、仕事は投げ出します」(23歳)
「仕事は探せばいくらでもあるが、恋人は一人しかいないかけがえのない存在であると思うし、その後人生を考えると、明らかに費用対効果が高いのは恋人である」(27歳)
「女を守れない男はクズ」(28歳)

ポエムのような言葉から男らしい言葉まで、女性が喜ぶだろう意見が盛りだくさん! 仕事に対するネガティブな感情というより、恋人に対する愛情があふれる結果となった。こんな回答をされた女性はどれだけうれしいことか…。

では、「仕事」を選んだ人の意見は?

■「仕事」派の意見
「恋人は食わせてくれない」(26歳)
「お金がないと生きていけない」(26歳)
「男の仕事を理解できない人はいらない」(24歳)
「仕事がなければ恋人も幸せにできない」(28歳)
「お金がないと暮らせないから。恋人が養ってくれるなら恋人をとる」(27歳)
「仕事を失ったら彼女も失うだろうから」(25歳)

“恋人より仕事の方が、替えがきかない”というコメントが多いものの、“仕事がない=恋人との将来もない”という意見も散見される。当然だが、仕事を選んだとしても恋人が嫌いなわけではない。その点、女性にはご理解いただきたいところ…。

では、少し趣向を変えた質問をしてみよう。

〈あなたはどっちの方が欲しい?〉
「美人で気立ての良い妻」 46.0%
「高収入で安定した仕事」 54.0%

こちらも僅差で「仕事」が優勢。「条件の良い仕事の方が得難い…」と考える20代ビジネスマンの方が多いのかも。

もっとも今回のコメントを見る限り、実際に「仕事>彼女・妻」というわけではなく、彼女や妻を大切するためにも仕事をしっかりしたい、と考えていることがうかがえる。できれば両方手に入れたいものですけどね…。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト