江戸時代から伝わる秘伝料理「黄身返し」

白身と黄身が逆に?不思議なゆで卵

2015.01.28 WED



見た目のインパクトは大! ただし、お味の方は普通のゆで卵の方が美味しかった…
ゆで卵は外が白身で中が黄身。この不変の方則を覆す料理があるらしい。その名も「黄身返し」。古くは江戸時代の料理文献にも記されていたという由緒正しきゆで卵だ。

詳しい作り方は動画をチェック。外が黄色で中が白身に逆転している摩訶不思議なゆで卵。少し作り方にコツが必要だが、誰かに作ってあげると驚かれること間違いなし。試してはいかがだろう?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト