鬼を退治して福を呼び込み、年齢分だけ食べた後は… 

「節分の豆」残った時の活用レシピ

2015.01.30 FRI


豆まきが終わったら、栄養たっぷりの豆をおいしく料理に活用して、体の中にも「福」を呼び込みたい
節分といえば、その年の恵方に向かって太巻きをガブリと丸かぶりする「恵方巻」が有名だ。今年の方角は西南西だとか。そして、もうひとつ節分に欠かせないものといえば、「豆」。縁起物としてて、毎年家庭で“豆まき”をしながら年齢の数だけ食べているという人も多いだろう。

しかし、ここで問題になるのが、残った豆の扱い。たくさん食べたいようなものでもないので、どうしても持て余してしまいがち。かといって捨てるのももったいない…。
というわけで、料理研究家の小山有希さんに、“残った節分の豆”を使った簡単料理を教えてもらった。

「一番のおすすめは、“豆ご飯”。ご飯1合につきカップ半分ぐらいの豆と、昆布5cm角を1枚(もしくは塩ひとつまみ)、お醤油小さじ1、お酒大さじ1/2、さらにショウガを半かけ入れて、あとは普通に炊くだけ。簡単においしい豆ご飯ができます」

なるほど。豆ご飯ならば、思った以上に豆が余ってしまった時も、一気にまとめて処理することができる。豆の量は調整が可能とのことで、その場合でも調味料の分量を変える必要はないそうだ。

「サラダに入れてもいいですよ。豆をそのまま入れたり、ビニール袋に入れて叩いて、軽く砕いて振りかけてもOK。カリカリした食感が楽しめます。また、水に30分~1時間ほど浸けておけば柔らかくなるので、固い食感が苦手な人でも大丈夫です」

他にも、カレーに入れて“豆カレー”にしたり、煮物に入れてもおいしく食べられるとか。

「スイーツにも使えます。たとえば、スコーンを焼くときに砕いて細かくした節分豆を入れれば、独特の食感のスコーンになります。また、インスタントコーヒーと砂糖を少しの水に溶かして煮詰め、砂糖がとろけたところに節分豆を入れて冷ませばおつまみ感覚で食べられる“大人のスイーツ”に」

スーパーなどでは「節分の豆」として売られているが、元はといえば乾燥させた大豆を煎ったもの。味が何もついていないので、様々な料理にアレンジ可能なのだ。

「大豆ですから栄養という点でもとても優れています。水煮缶などと比べれば日持ちもする。開封後もきちんと密封しておけば、1カ月程度は問題ありません。いろいろな料理に応用してほしいですね」

小山さんの家庭では、毎年節分の時期に節分の豆を使った豆ご飯を作ることで季節感を感じているのだとか。2月は節分豆を使った“豆料理”シーズンにしてみるのも面白いかも?
(鼠入昌史/Office Ti+)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト