女心がわかる!? ホンネの恋愛事情

みんなの周りの“こじらせ女子”を教えて!

2015.02.16 MON


どうせ私なんて…ってこじらせてない? 画像提供/セキララ★ゼクシィ
ドラマ『きょうは会社休みます。』で、女優の綾瀬はるかさんが演じた“こじらせ女子”。流行のファッションや恋愛に疎く、自分の女子力に自信がない女性のことをいうけれど、自分自身も含め、私の周りにもたくさんいるような気が…。

ということで、20~30代の女性に、「あなたの友達や職場の仲間に“こじらせ女子”はいますか?」と質問したところ、「いる」と答えた人は49%。どんな“こじらせ女子”なの?

●「『男なんて…』と言ってしまう、二次元が大好きな友達」(29歳)
●「『私なんかどうせ太っているし』と、とにかくマイナスのことが口癖の友達がいます」(30歳)
●「喜んでいいのに、素直に喜べない頑固な人がいる」(25歳)
●「おしゃれだし身なりも気を付けているけど、合コンでは男勝りでかわいげがない」(30歳)
●「『化粧する意味が分からない』などと言って、プレゼントされた化粧品も使わない。女としてもっと楽しめばいいのにと思うような職場の先輩がいます」(31歳)
●「友達に、ファッションを気にせず、『私はどうせモテなくてずっと独身だから』と言っている子がいる」(26歳)

お~、いますね~。いろんな“こじらせ女子”が(笑)。

ところで、こんな“こじらせ女子”たちを、周りの人たちはどう思っているのかしら?前述のアンケートで「いる」と答えた人に聞いてみたところ、「私は結婚しなくていい」と言う友達がいる人は「かわいいのにもったいない」(28歳)。頑固な面を持つ友達がいる人は「素直になれば周りからも好かれるのにと思う」(25歳)。「かわいい子ばかりで合コンに行けない」と言っている友達がいる人は「自信がない反面、プライドが高いのかな」(28歳)という声があがりました。分かっているけどできないから、こじらせているわけで…。難しいところです。

ちなみに、「あなた自身は、自分のことを“こじらせ女子”だと思いますか?」と質問したところ、35%の人が「思う」と回答。なんだ~、自分が“こじらせ女子”だと思っている人も結構いるじゃない(笑)。

私もかなりの“こじらせ女子”なので、仲間がたくさんいて安心した!と思いつつ、このままでいいのか、やっぱり変わらなきゃダメなのか、微妙に考えさせられた今回のセキララ★ゼクシィでした!


記事提供/『セキララ★ゼクシィ』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト