モテ部屋変身講座

出窓で演出。春の観葉植物コーデ術

2015.03.21 SAT


After●新緑を連想させる黄緑で、春らしく爽やかに。多肉植物は水やりの回数が少なく済むので、1人暮らしにオススメ【ピックアップアイテム】パンチカーペット 1000円/m(1m使用) つっぱり棒 500円 木材 500円 ハンギングバスケット 100円×8 ミニ観葉植物 合わせて3800円 よーと 100円 麻ひも 100円 森カズシゲ= 撮影
開放的な出窓があるのにうまく活用できず、殺風景なまま…。スペースがあるのにもったいないよなぁ。でも、活用法がわからない。

「収納スペースにするのもいいですが、カーペットやつっぱり棒で飾りつけ、部屋全体のイメージを変えてみては?」(窪川さん)

出窓にカーペットを敷くの?

「その通り。カーペットで色を加えると、印象がガラッと変化します。今回は緑のカーペットで、春らしくしましょう。生き生きした観葉植物を増やすと明るい印象になるし、空気清浄効果があるので部屋の環境もよくなります。カーペットの切れ端を丸めて切り株のように成形し、その上に植物を置くと高低差が出ます。立体感が生まれることで、インテリア上級者っぽい雰囲気に仕上がるんです」

まるで、出窓が小さな森になったみたいだ。そういえば、つっぱり棒で飾るとも言っていたけど?

「つっぱり棒を、窓の上から3分の1くらいの高さに取り付け、植物やキャンドルを吊るすんです。ぽっかり空いてしまいがちな空間を飾れるので、全体のバランスが整います。ただ、つっぱり棒が見えると生活感が出てしまうので、木材などを使って隠すと◎。茶色系のつっぱり棒を選ぶと目立たず、全体との調和がとりやすいですよ」

新生活に向けて心も軽くなるように、窓回りを飾ってみようかな。


窪川勝哉さん [ インテリアスタイリスト]
テレビ、雑誌『Men’s Club』『ELLE DECO』などのメディアを中心に、モデルルームのコーディネイトやホテルの客室コンサルティング、企業カタログなど、多分野で活躍中。「つっぱり棒を隠すなどの生活感を消すひと手間で仕上がりが見違えます。チャレンジしてみましょう」

※この記事は2014年3月に取材・掲載した記事です

  • Before●きちんと整理されているが、どこか寂しげで寒々しい印象
  • 木材をL字に組み立てて、つっぱり棒の目隠しに

    つっぱり棒を隠すために使う木材は2枚。細長いものを選び、窓の幅に合わせてサイズを調整しよう。L字型に釘で留めた木材をつっぱり棒の下にはめ、針金で巻きつけて固定する。針金が見えると雰囲気が台無しになってしまうので、針金の上から麻紐などを巻きつけ、木材との調和をとろう。木材の下部によーとをつけて、植物などを吊るせば完成

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト