人気商品の「検定」が続々! その中身とは?

難問で話題!PARM 全国統一試験

2015.03.13 FRI


PARMマルチパック(6本入り)のラインナップ。これらの商品を買って検定に挑もう!
昨今の「検定ブーム」に乗って、様々なメーカーや団体が「検定」サイトを展開している。3月12日からは、森永乳業のアイス「PARM(パルム)」が、「PARM(パルム)全国統一試験」なる検定イベントをスタートさせ、その難問ぶりが早くも話題になっている。このイベントは、PARMの発売10周年を記念したもので、3月31日までの期間、Webサイトで展開されている。

ためしに問題を見てみよう。まず、検定試験は「知識問題〈選択式〉」20問と、記述問題〈自由記入〉」4問に分かれる。「知識問題」は「理科」「社会」「数学」などPARMに関連する各分野の知識を問う問題が出題されており、例えば理科では、「『PARM(パルム) チョコレート』に含まれる栄養成分で、多く含まれている順に並んでいるものを次のなかから選べ」なる問題が。(1)炭水化物-脂質-たんぱく質、(2)炭水化物-たんぱく質-脂質、(3)脂質-炭水化物-たんぱく質、(4)脂質-たんぱく質-脂質、(5)たんぱく質-炭水化物-脂質、(6)たんぱく質-脂質-炭水化物といった選択肢があるとはいえ、これはかなりの難問だ。一方、「記述問題」は「次の文章の◯部分を10文字以内で表現し、その理由を140字以内で述べよ。『私にとってPARM(パルム)とは、◯◯◯◯である。』」などの問題が。こちらはPARM愛が試されるといってもよさそうだ。

「アイスが大好き!」「我こそはパルムファン」という方は、チャレンジしてみてはいかがだろう。ちなみに参加には、PARMマルチパック(6本入り)1箱以上の購入が必要だが、成績優秀者には「My PARM特別フレーバーセット」がプレゼントされるなどの特典もある。

そのほか、最近では様々な「検定」が人気を集めている。そこで、様々なジャンルから注目の検定をリサーチしてみた。

●おなじみ商品系
「からあげクン検定」はローソンの人気ホットスナック・からあげクンに関する知識を測るもの。「からあげクン(編註:にわとりのようなキャラクター)の身長は何が3個分?」など、キャラクターに関する問題も出題され、なかなか難易度が高い。また、ロッテの「ビックリマン検定」では「悪魔vs.天使シリーズ第4弾に登場した聖フェニックスのシールは2枚あります。1枚は『誕生後の姿』。さて、もう1枚は?」などのマニアックな問題が。“ビックリマン世代”の人はわかるかも?

●食べ物系
全国すし商生活衛生同業組合連合会が主催する「すし検定」では、「千年以上の歴史を誇りわが国のすしの原型といわれるすしは以下のどれでしょうか」「江戸前にぎりずしの創始者と伝えられる人物は以下の誰でしょうか」などすしにまつわる歴史から学べる。「日本カレーパン協会」という団体が主催している「カレーパン検定」でも、「カレーパンの起源は何年? どこで? 作った人は?」など、歴史が重視されている。

●スポーツ系
スポーツチームに関する検定もある。昨年流行語となった「カープ女子」をテーマにした「カープ女子力検定」をチェックしてみると、「カープの『カピパラさん兄弟』といえば、大瀬良選手、一岡選手、あと一人は誰でしょうか?」なんていう、かわいらしい問題が目立つ。一方、ウェブサイトではなく福岡・京都・東京の3会場で3月8日に実際に行われたのは「ホークス検定」。「1971年オフ、野村克也監督に才能を見出され東映フライヤーズよりトレードで入団、翌年背番号と同じ16勝を挙げた投手は誰でしょう?」など、現・ソフトバンクホークスだけでなく、福岡移転前の南海ホークス時代からの歴史を感じさせる問題も出題された。

“うんちく好き”な男子ゴコロをくすぐる検定たち。得意ジャンルのものを探して、トライしてみては!?

  • 成績優秀者に贈られる「My PARM特別フレーバーセット」。様々なフレーバー(アイス・チョコ)とトッピングでアレンジ

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト