意外にも(?)先輩たちが選んだ1位の場所は…

「プロポーズ場所」人気TOP10

2015.03.25 WED


「プロポーズされてない」と彼女が思っていると、結婚してからも引きずられることは多いよう。印象深いプロポーズで彼女を喜ばせて、一生の思い出にしたい wavebreakmedia / Imasia(イメージア)
結婚するカップルにとって一大イベントといえば、プロポーズ。女性にとっては(ほぼ)一生に一度の幸せな瞬間だけに、期待は否応なく高まるもの。男性にとっては、「一世一代の勝負の場」だが、はたしてどんな場所でプロポーズすれば良いのやら…。そこで20代~40代の既婚男女400人を対象に、「プロポーズをした(された)場所」について調査してみた。

●プロポーズした(された)場所TOP10
(複数回答、協力/スマートサーベイ)
1位 自宅(31.5%)
2位 車の中(16.3%)
3位 レストラン(10.0%)
4位 夜景の見える場所(5.8%)
5位 ホテルの部屋(5.0%)
5位 2人の思い出の場所(5.0%)
7位 公園(4.8%)
8位 旅行先(3.5%)
9位 テーマパーク・遊園地(2.0%)
10位 星空の見える場所(1.8%)

ロマンチックな場所が多いかと思いきや、トップに立ったのは意外にも「自宅」。2位以下を大きく引き離して1位となった。それぞれのプロポーズの思い出など具体的な声もご紹介しよう。

【1位 自宅】
「仕事が終わって彼のうちに遊びに行き、くつろいでいるときに突然」(25歳・女性)、「布団の中で、俺の奥さんになってと言われた」(27歳・女性)、「クリスマスでご飯食べたあと、ゆっくりテレビを観ていたら」(31歳・女性)、「隠してあった指輪を出して、驚いたところで結婚して下さいと言った」(28歳・男性)、「結婚する? と聞いたら、私たち結婚するの? と聞き返してきたので、はいと言いました」(37歳・男性)

【2位 車の中】
「遊園地に行き、帰りに車の中でプロポーズされました。即オッケーでした」(39歳・女性)、「よくしゃべる彼が少し前から無口になり、いきなり結婚してくださいと言われた」(49歳・女性)、「友人の結婚式の帰りに」(34歳・女性)、「選曲にこだわりながら指輪を渡した」(33歳・男性)

【3位 レストラン】
「それぞれの友達を集めてパーティーをして、最後に彼がバラの花束を持ってきてサプライズでプロポーズされました」(27歳・女性)、「いきなり、しりとりしよう、と言い出した彼。すぐにプロポーズに続くとわかったが、“け”になかなかつながらず、2時間近く食べながらしりとりが続いた。最後、わたしが『フケ』で、向こうが『ケッコンシヨウ』、私が『ウン』で、終わった。フケってどうよ、と今でも思い出すと笑える」(40歳・女性)

【4位 夜景の見える場所】
「クリスマスイブにイルミネーションの見える公園でプロポーズされた」(29歳・女性)、「『返事はハイかYes』と言われ真面目にNOは無いんですか? と言ってしまった」(26歳・女性)、「お互い夜景が好きだったので見に行ってその場で」(28歳・男性)、「夜景を見ながらサプライズで指輪を渡した」(31歳・男性)

【5位 ホテルの部屋】
「初めて行った旅行先のホテルにもう一度行ったとき、指輪を渡されプロポーズされました」(33歳・女性)、「バレバレだったけど、こっそり指輪を用意してくれていた。普段泊まらないような高いホテルに泊まって、サプライズ(のつもり)でプロポーズされた」(29歳・女性)

【5位 2人の思い出の場所】
「付き合ってほしいと告白された場所で直接、手紙をもらった」(27歳・女性)、「思い出の場所に車を止めてその中で」(25歳・女性)、「付き合った記念日に。告白された場所でプロポーズされた」(28歳・女性)

そのほか7位以下に寄せられたコメントを抜粋すると、

【7位 公園】「彼の好きな場所で、とても景色のきれいな公園だった。ここでプロポーズすることを決めていたようで、デートでは一度も連れて行ってくれず、プロポーズする時に初めて連れて行ってくれた。新鮮でうれしかった」(33歳・女性)

【9位 テーマパーク】:「ディズニーランドのシンデレラ城前で閉園間際にプロポーズした」(33歳・男性)、

【10位 星空の見える場所】:「2月の夜だったのでとても寒くて『あと10分で帰ろう』と急かしてしまった。彼は焦って指輪を出してくれました(笑)」(25歳)

…など。ちなみに、「プロポーズしてない(されていない)」と答えた人の割合は、男性は17%で、女性は25%。一概に比較はできないが、男性は「した」つもりでも、女性は「されていない」と感じてしまうケースも少なくないよう。プロポーズは女性の印象にいつまでも残る、ちょっとくらい大げさな演出をするのが吉のようです。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト