コンプレックスを、楽しもう

大人の男のためのショートパンツ術

2015.04.07 TUE


これから、暑い季節がやってきます。最近では男女問わずショートパンツをはく人が多いようですが、気になるのは着こなしですね。小柄な人は、それだけでかわいいという印象を持たれがちで、それにショートパンツというと、思った以上に子供っぽく見えてしまうことがあります。そこで今回のイメージは、アラサー以上の男性に向けた、大人のリゾートスタイル。そのままデートに行けるような、大人っぽいショートパンツスタイルをご紹介します。

大人の男性のスタイルとしては、ショートパンツでもひざが見えるものは避けましょう。ひざ小僧、という言い方があるように、ひざが見えると子どもっぽい印象になってしまいます。また、スポーツなどでよく鍛えている人ならひざに肉がつくということはありませんが、実は、年齢とともにひざにもたるみが出てくるのです。

ひざ下くらいのショートパンツなら、大人っぽくきれいに着こなすことができます。自分のサイズに合わせて、ポケットの目立たないスリムなシルエットのものにしましょう。ちょっと長めの丈にしておいて、ロールアップすると、オシャレ感がさらに増します。小柄な人は特に、全体のバランスが下にさがらないように気をつけてください。

ショートパンツを着ると、ついビーチサンダルのような楽なものを合わせたくなりますが、大人のスタイルでいくならサンダルでも革を使ったかっちりしたものにしましょう。靴で合わせるなら、スポーツタイプのスニーカーではなく、デッキシューズやシティタイプのスニーカーを選びます。足先が隠れていれば、外でデートして、そのまま食事に行くこともできます。

ローファーなどを素足で履く人もいますが、汗で蒸れてニオイが出ることがありますので、靴下をはいたほうがいいでしょう。その際、靴下がくるぶしより上に出ないように注意してください。

ショートパンツの場合は、トップスとのバランスが大切です。普段から鍛えていて、体のラインに自信のある人はTシャツと合わせるのも爽やかでいいですね。でも、Tシャツ1枚だけだとカジュアル感が勝ってしまいますので、薄手のカーディガンやジャケットなどと合わせることで大人度をアップさせましょう。
また、ジャケットなどを羽織ることで、Tシャツ一枚という姿では出せないリッチ感を出すこともできます。首元はVネックにすると、首が長く見えてシャープさが出ます。また、パリッとした素材の襟付きのシャツなら、一枚でも大人のしっかりした感じを出すことができます。

ストールを、首にまかずにまっすぐ下に垂らしたり、ハットをかぶることで、体の縦のIラインを強調できます。暑い時期にストールなどは少しハードルが高いかもしれませんが、薄手で柔らかな素材なら春先くらいまでは使えるでしょう。また、ハットなら季節を問わず使えます。ショートパンツの素材と合わせて、薄手のものならストローハット、しっかりした生地ならちょっと色の濃いものと合わせるなどといったコーディネートで楽しみましょう。

ショートパンツは、工夫次第でかっこよくもダンディにもなることができるアイテムです。これからの季節、色々な組み合わせで楽しんでくださいね。


記事提供/『エンジョイコンプレックス』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト