「路上でやってしまったこと」TOP10は…

独身男3人に1人「路チュー」経験

2015.04.11 SAT

世論調査


近くにトイレがないと、ついやりたくなってしまう「立ちション」だが、軽犯罪法に違反する行為なので、注意が必要だ 画像提供:toko/Imasia(イメージア)
先日、某議員の「路チュー」がニュースを騒がせたが、芸能人や政治家が、この手の瞬間を週刊誌にキャッチされることは少なくない。だが、一般人のなかにもお酒を飲んで気持ちが大きくなった時や、恋人との幸せな時間に浸っている時、つい人目をはばからず路上で…なんて体験がある人も多いのでは? そこで20~30代の独身男性会社員200人に、社会人になってからも“路上で”やってしまったことのある行為について聞いてみた。(調査協力/アイ・リサーチ)

●社会人になってから路上でやってしまったことのある行為TOP10
(全12項目の事柄について「やったことがある/ない」を回答してもらい、「やったことがある」と答えた人が多い順にランキング)

1位 立ちション 91人/200人中(45.5%)
2位 歩きながらゲーム(携帯ゲーム機、スマホゲーム等) 76人/200人中(38.0%)
3位 路チュー 70人/200人中(35.0%)
3位 告白やプロポーズ 70人/200人中(35.0%)
5位 酒を飲みながら歩く 67人/200人中(33.5%)
5位 歌いながら歩く 67人/200人中(33.5%)
7位 泥酔して寝る 55人/200人中(27.5%)
8位 ナンパ 45人/200人中(22.5%)
9位 痴話喧嘩(恋人間) 44人/200人中(22.0%)
10位 泣く(別れ話、上司の叱責などにより) 41人/200人中(20.5%)

※番外
11位 脱ぐ(酔って上半身裸になる等) 22人/200人中(11.0%)
12位 ストリートファイト 17人/200人中(8.5%)

まさか大人になっても半数近くが「立ちション」経験アリとは…。また、3人に1人以上が「路チュー」やら「告白やプロポーズ」を経験しているなど、“草食”といわれる最近の男子も意外とお盛んかも? もっとも、多いとみるか少ないとみるか、意見は分かれるところだが…。以下、それぞれの行為をやってしまった時のエピソードをご紹介しよう。

【1位 立ちション】
「酔っ払った時についついやってしまう。社会人として恥ずべき行為でもっとしっかりしなきゃいけない」(36歳)
「クルマの陰でしてたら、クルマの所有者が近づいて来てビックリ」(34歳)
「飲みに行った帰り道で近くにコンビニ等がなく仕方なくしてしまった。ただ振り返ってもその時はどうしようもなかったと思う」(29歳)

【2位 歩きながらゲーム(携帯ゲーム機、スマホゲーム等)】
「ついついはまっているゲームでランキング上位を目指すために歩いてる時も熱中してしまう時がある」(31歳)
「キリがいいところでやめることができない自分勝手な理由でしたことがある」(33歳)
「電車の待ち時間で、周りの人の流れから離れるように気は遣ったが、マナーがいいとは言えなかったと思う」(38歳)
「ゲームをしながら歩いていたら、信号が赤になっていることに気づかずに横断歩道を渡ろうとしていた。注意されなかったら、気づかなかったと思うのでそれ以後は歩きながらのゲームはやめるようにしている」(37歳)

【3位 路チュー】
「恥ずかしいけど別れ際は毎回していた。今振り返ってみて、結構周りの人は見ていると言ってあげたい」(31歳)
「もうちょっと節操を持ち、周囲の目を気にするべきだ」(25歳)
「路地裏での路チューするのはお互い高揚する」(35歳)
「酒を飲んだ帰り。(当時の自分に)それはやめとけって言いたい」(25歳)

【3位 告白やプロポーズ】
「大きな駅で大声で告白したが見事に振られました」(36歳)
「花火大会の帰り道で告白しました」(34歳)
「言いたいことが言えた」(27歳)

【5位 酒を飲みながら歩く】
「店が閉まった後に友人と」(39歳)
「缶ビールなどを飲みながら歩くことは、よくある」(38歳)
「いい事があったので気が大きくなった」(39歳)
「仕事帰りに先輩と帰るのに相談に乗ってもらいながら飲み歩きました」(31歳)

【5位 歌いながら歩く】
「誰もいないと思ったら聞かれていて恥ずかしかった」(34歳)
「一番、手軽でさほど誰にも迷惑がかからないから」(31歳)
「お酒を飲んで気分がいいと歌いたくなるので。からまれたりはありませんが、睨まれたりは時々あります」(39歳)

【7位 泥酔して寝る】
「飲み会で飲みすぎて記憶にない。起きたら道路だった」(23歳)

【8位 ナンパ】
「人肌恋しくなった」(28歳)

【9位 痴話喧嘩(恋人間)】
「恥ずかしいからもうやらない」(34歳)

【10位 泣く(別れ話、上司の叱責などにより)】
「心が弱かった」(39歳)

ちなみに、1位の「立ちション」をはじめ、「軽犯罪法」に違反する行為が複数挙がっている点は見逃せない。無自覚な人も多いせいか、罪悪感が希薄な人もいるようだが、本来“してはいけない行為”。いい大人が“知らなかった”では済まされないので、皆さんくれぐれもお気をつけあれ。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト