W×R 婚活と麺活の関係について考えてみる

ヌードルメーカーでの麺活は、婚活に役立つのか?

2015.04.15 WED


■調査概要(調査方法:インターネット調査) ・調査期間 :2014 年9月12 日(金)~9 月13日(土) ・調査対象 :首都圏(東京、埼玉、神奈川、千葉)の 20~49歳男女 ・割付 :〈独身男性〉20代 112名、30~40 代各 111名 〈独身女性〉20~30代各 112名、40 代111名 〈既婚男性〉20~40代 各111名 〈既婚女性〉20~40代 各111名
就職活動を略して「就活」と呼ぶのに見立てて社会学者が考案した、結婚活動を略した「婚活」。この言葉が初めて世に出たのは、2007年だといわれている。

「婚活」が世に出てからというもの、バブル時代によく耳にした女性が男性に求める「3高(高身長、高収入、高学歴)」や、男性から女性に求める「結婚したら女性は家庭に入って専業主婦に」など古くからの封建的な条件は、冗談として捉えられるくらいの状況ではないだろうか?

ひと昔前よりも働く上で男女の差が少なくなり、女性が男性と同じように社会で活躍するようになったり、「草食男子」に代表されるとおり、男性が女性を引っ張るという意識が低くなったりと、世の中は変化している。

婚活中の独身男性が、ライバルにアドバンテージをつけるには?

では、女性が結婚相手の男性に求めるものはどのように変わり、男性は「婚活」において他の男性に、どうアドバンテージをつければよいのか!?

オールアバウトが運営する「生活トレンド研究所」の調査によると、20代の独身女性(223名)の結婚相手に求めるものの6位が「食事の好みが合うこと(44.0%)」、7位は「家事を協力してこなしてくれること(36.2%)」となっている。ちなみに1位は「思いやりや優しさがあること」(68.1%)、2位が「価値観が同じであること」(59.1%)となっている。

結婚相手の男性に求める条件が「3高」といわれていた時代が、物質的なもの、を重視したのに対して、現在は精神的な部分を重視している印象を受ける。

こうした、女性が結婚相手の男性に求める条件に応えるためには……。その解答のひとつとして、webR25でも度々取り上げてきた「麺活」を推したい。「婚活に麺活」というダジャレで思いついたものかと疑いたくなるかもしれないが、調査データを検証すると決してただのダジャレでないことがわかってもらえそうだ。

なぜなら調査結果の6位「食事の好みが合うこと」については、麺好きな日本人が好むパスタ、そば、ラーメン、うどんといった代表的な麺類を結婚前にヌードルメーカーで作り、一緒に食べればたいていの場合「おいしい」と感じるので、食事の好みが合うことを確認してもらうことができる。

そして、7位の「家事を協力してこなしてくれること」については、結婚したい彼女の前でヌードルメーカーを使って、生パスタ、生そば、生ラーメン、生うどんを作ってみせれば、少なくとも食事を作ることに興味があること、なかでも「麺類」を作ることは完璧にできることをアピールできるはずだ。

さらに、オリジナルレシピで作った「俺麺」や、至高の素材を使った「麺」は、アピール度が高いのではないだろうか。

この説を信じるも信じないもあなた次第だが、信じてPHILIPSヌードルメーカーを購入してくれた方には、「麺活プレミアムキット」が必ずもらえるのだ。4月30日(木)まで実施しているので、今すぐキャンペーンサイトへGO!

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト