卵かけご飯、納豆ご飯も魔法のちょい足しでご馳走に!

「定番ご飯+α」極上レシピ10選

2015.04.23 THU


卵かけご飯編。どれも生卵を2個使い、つゆダクでいただくのがオススメ。すき焼き味(左下)、シーフード味(中央上)、カルボナーラ味(右下) 写真/森カズシゲ、フードスタイリング/浜田陽子、食器/白山陶器(中央上)
男子たるもの、白いご飯をかき込みたくなる時がある。ご飯に定番の卵や納豆をかけるだけでも美味いが、それに調味料やアクセントとなる食材を加えれば、魔法がかったハーモニーが生まれる。下積み時代の経験をもとに、「ちょい足し」レシピを追求した『魔味探究 五感が覚醒、男の深夜めし。』を執筆したこともある、スタイリストの喜多尾祥之さんにとっておきのレシピを教わった。

<卵かけご飯編>
■コンビーフと絡み合う牡蠣醤油の実力に脱帽!「すき焼き味」
ちょい足し食材/コンビーフ、牡蠣醤油、七味唐辛子
ご飯と生卵をよくかき混ぜる。そこへコンビーフをたっぷりとのせて、その上から適量の牡蠣醤油を垂らしかける。牡蠣醤油とコンビーフの組み合わせによって、すき焼き風味の再現ぶりに舌を巻くハズ。ピリリと香る七味唐辛子を添えて召し上がれ。

■芳醇なトリュフの香りが病みつき「カルボナーラ味」
ちょい足し食材/トリュフ塩、黒胡椒
ご飯と生卵をよくかき混ぜる。そこへトリュフ塩をかけ、最後に黒胡椒でスパイシーさを加える。醤油のかわりに塩味でアレンジしたパターン。塩と胡椒のつぶつぶ感が卵ご飯によく合う。トリュフ塩は最近ポピュラーになってきたので、探せば近くのスーパーでも安価なものが見つかるそう。

■冷やしそば感覚ののど越しが楽しい「シーフード味」
ちょい足し食材/なめ茸、ホタテ貝柱の缶詰、三つ葉
ご飯の上に生卵、なめ茸、ホタテ貝柱の缶詰をのせ、さらに粗くちぎった三つ葉を添える。なめ茸のタレの甘さとホタテ貝柱のシーフード感が絶妙にマッチする。夏の暑い時期は、冷やご飯でもおいしく食べられるコンビネーション。清々しいのど越しも魅力のひとつ。

<納豆ご飯編>
■トマト・バジルが納豆と意外な好相性「和風イタリアン味」
ちょい足し食材/トマト、バジルソース
ご飯に、かき混ぜた納豆と角切りのトマトをのせる。さらに、その上からバジルソースをかければ完成。トマトとバジルソースで、ご飯がイタリアの風をまとい、納豆を組み合わせることで和風パスタの雰囲気に。食べる時は、全部をぐちゃぐちゃにかき混ぜること。

■甘い胡麻だれに香るラー油が決め手「ピリしゃぶ胡麻味」
ちょい足し食材/しゃぶしゃぶ用胡麻だれ、ラー油、白ネギ
ご飯にかき混ぜた納豆と小口切りのネギをのせる。そこへ、しゃぶしゃぶ用の胡麻だれをかけて、仕上げにラー油を垂らす。しゃぶしゃぶの最後に残ったタレの器にご飯を入れるという食べ方がモチーフ。好みに応じて、白ネギの量をドバッと増やすのもアリ。

■ピリッとした辛さと様々な食感が魅力「わさび茶漬け味」
ちょい足し食材/わさび茶漬けの素、たくあん
ご飯に、かき混ぜた納豆と細切りのたくあんをのせる。そこへ、わさび茶漬けの素をふりかける。わさび茶漬けの素が納豆のぬめりを中和してくれて、たくあんのこりこり感とともに程よい噛みごたえが楽しめる。こちらも、食べる時はよくかき混ぜてから。見た目以上に美味。

<バターご飯編>
■マイルドさと辛みが相性抜群!「こってり明太味」
ちょい足し食材/辛子明太子、わけぎ、レモン
小口切りにしたわけぎをご飯に散らし、さらに山盛りの明太子とバターをのせる。レモンスライスを添えて完成。レモンがない場合は、レモン汁でも代用可。辛子明太子は辛ければ辛いほど箸が進む。レモンが味を引き締めてくれる。辛み・濃厚さ・爽やかさを併せ持つ、“重層感”が魅力の一品だ。

■熱々のお湯を注いで召し上がれ「味噌ラーメン味」
ちょい足し食材/肉味噌、コーン、熱湯
ご飯にたっぷりのコーン、肉味噌、バターをのせ、上から熱湯をかける。バターが少し溶けたぐらいが食べ頃。熱湯をかけることによって、肉味噌とバターの香りが引き立つ。味噌バターラーメンを食べた後のスープに、ご飯を入れてかき込むイメージだ。

<ソースご飯編>
■ハムでくるっと巻けば旅館の雰囲気も「モーニングハム味」
ちょい足し食材/ロースハム、キャベツ、からし
ご飯に千切りのキャベツとロースハムを数枚のせる。その際、ロースハムを三角に折るとモーニング風の洒落た雰囲気が出る。上からウスターソースを回しかけて、からしを添えれば完成。旅館の朝食を想起させる。ロースハムでご飯とキャベツをくるんで食べるのが通のスタイルだ。

■ジャンクな味が食欲そそる「マヨチップス味」
ちょい足し食材/ポテトチップス(のり塩味)、マヨネーズ、一味唐辛子
ご飯の上にポテトチップス(のり塩味)をのせる。さらに、マヨネーズをかけて、仕上げに一味唐辛子をふる。チップスは大きめに割って食感を残すのがポイント。様々な味で試した結果、のり塩味がご飯に一番合ったという。なお、ご飯なしでも酒のつまみとして十分においしい。

思わず試したくなるレシピばかり。これを機にオリジナルレシピにも挑戦してみる?
(石原たきび+『R25』編集部)

  • 納豆ご飯編。“粒”か“ひきわり”かの選択はお好みで。わさび茶漬け味(左上)、ピリしゃぶ胡麻味(中央下)、和風イタリアン味(右上)
    写真/森カズシゲ、フードスタイリング/浜田陽子
  • バターご飯編。お腹がこってり味を欲している時は、これで決まり! 味噌ラーメン味(左)、こってり明太味(右)
    写真/森カズシゲ、フードスタイリング/浜田陽子
  • ソースご飯編。組み合わせるものの、水分を極力排すると、ソースの味わいがより引き立つ。モーニングハム味(左)、マヨチップス味(右)
    写真/森カズシゲ、フードスタイリング/浜田陽子

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト