20~30代男女3割は期待してるけど…

「結婚式での出会い」確率は3%?

2015.06.13 SAT

世論調査


定番イベントのブーケトス。最近は、花婿が独身男性に向けてブロッコリーを投げる「ブロッコリートス」なんてものあるようです 画像:kou/PIXTA
社会人なら、1度や2度は結婚式に参列したことがあるはず。人生の晴れ舞台に立ちあうわけですから、幸せのおすそわけとして(?)異性との出会いを期待する人もいるでしょう。そこで、20~30代の社会人男女200人(男女各100人)にアンケート。友人の結婚式・2次会に出席する際、異性との出会いを期待しているか調査してみました。(協力:アイ・リサーチ)

〈結婚式に参加する際、異性との出会いを期待していますか?〉
・「どちらかといえば期待している」派 31.0%
・「どちらかといえば期待していない」派 69.0%

ドラマなどでは、出会いを求めて参加したのに撃沈し、3次会あたりで愚痴っている場面を見かける気がするのですが…。「期待」派は約3割(男性33%、女性29%)と少なめ。男女差もほとんど見られませんでした。以下、それぞれから寄せられたコメントを紹介しましょう。

●「どちらかといえば期待している」派の意見
「自分の普段のコミュニティーにはいない人に会う機会は大事にしたい」(37歳・男性)
「結婚式は、異性が一定数いることが想像できるのであわよくばと考えてしまいます」(25歳・男性)
「今までに二次会で初めて会った同性の人と友人になったことがあるので、異性との出会いももしかしてと少しは期待しています」(34歳・女性)
「幸せムードにかこつけて」(38歳・女性)
「普段出会いがないから」(33歳・女性)

●「どちらかといえば期待していない」派の意見
「祝いの席での無粋な期待は不謹慎だと思うから」(36歳・男性)
「話をする事もないので、出会いにもならないから」(29歳・男性)
「友達の友達や知人とはあまりそういう関係になりたくないので」(37歳・男性)
「期待しているとがっかりするから最初から期待しないようにする」(24歳・女性)
「初対面の人と話すのが苦手なので、友達同士でかたまってしまう」(30歳・女性)

「期待」派のコメントを見ても、ガツガツと狙いにいく印象はなく、ささやかなチャンスに淡い期待を寄せているだけの様子。一方、「期待していない」派に多く見られたのは、「友人を祝うための席で、期待を持つこと自体が間違っている」といった意見。また、過去は期待していたもののうまくいった試しがなかった経験から「期待するのをやめた」人たちもいるようです。

では実際のところ、結婚式での出会いから交際に至った経験のある人はどれぐらいいるのでしょうか?

〈結婚式での出会いが交際につながった経験はありますか?〉
・「ある」派 3.5%
・「ない」派 96.5%

「期待」派にはかなり残念(?)な数字かもしれませんね。ただ、なかにはこんなケースもあるようです…。

●結婚式で経験した出会いやエピソード
「同じテーブルに偶然、幼な馴染が座っていた」(25歳・女性)
「付き合うことはなかったのですが何人かと二次会で仲良くなり、今も遊ぶくらい仲良くしています。友達作りの場でもあると思います」(36歳・男性)
「新郎新婦の気配りで元彼女と同じテーブルにセッティングされた」(34歳・男性)
「友人が友達の結婚式で、新郎の弟に一目惚れして結婚した」(38歳・女性)
「新婦の友人として出席したのに、なぜか新郎の父と意気投合して楽しかった」(35歳・女性)

「結婚式での出会い」から交際に至ったケースはかなり少ないようですが、友達ができたり思わぬ出会いがあったり、なんらかの「ご縁」が生まれることはあるようです。

では最後に、今回の調査で唯一、「期待していない」派でありながら、異性との交際に至った経験が「ある」方のコメントを紹介しましょう。

「結婚式の時の気持ちの高まりとそれ以外の時に会うのは微妙に違った」(39歳・女性)

このコメントをみる限り、交際の結末はおそらく…。友人の結婚を祝福しつつ、自らも幸せをつかむのは、やはり難しそうですね。
(のび@びた)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト