カレー、麻婆、グラタン…夏の新味覚に挑戦!

意外と美味! 冷やし料理実験ノート

2015.07.23 THU


今回、検証したメニュー。写真ではわかりづらいが、すべて凍る一歩手前までキンキンに冷えている
暑い。とにかく、暑い。食欲も減退しがちなこの時期、やはり“冷やし系”の食べ物が人気だ。

その代表格は冷やし中華だが、最近は、渋谷、水道橋、新丸ビルなどに展開するとんかつ専門店「かつ吉」の“冷やしかつ丼”や、居酒屋チェーン「赤から」の“冷やし鍋”などの新感覚メニューも好評を博している。

となれば、“冷やし系”の世界、まだまだ探求できるのではないだろうか。そこで今回は、以下の料理をキンキンに冷やして食べてみた。当たり前だが、いずれも熱いうちに食べるのがよいとされているものだ。果たして、その結果は?

・グラタン
・ハンバーグ
・麻婆豆腐
・カレー
・塩サバ
・焼きうどん

まずはグラタンだが、最初に選んだのを後悔するほどイマイチだった。本来濃厚なはずのチーズの味が、冷やしたことでぼんやりした印象に。食べられないことはないが、チーズと“冷やし”の相性はあまりよくないようだ。

次に、ハンバーグ。うーん、「冷やした」というよりは「冷めちゃいました」的なガッカリ感が強い。肉の味は強く出ているが、ハンバーグというよりソーセージっぽい風味。ちなみに、付け合わせのナポリタンは可もなく不可もなく、だ。

麻婆豆腐。シャリッと凍る手前まで冷やしてみたところ、おお、悪くない。キンキンに冷えた豆腐は、クリームチーズに似た食感だった。炎天下で食べると、さらにイケるかも?

さて、本命のカレー。薄々予想していましたが、これはおいしいですよ! ルーがゼリー状になり、冷やしてもきちんとスパイシー。パサパサのご飯も思ったよりマッチしている。どんな組み合わせにも適応してみせるカレーの実力をまざまざと見せつけられた格好だ。

続いて、塩サバ。変化球として選んでみたが、まあ、ふつうに焼いた塩サバでした。若干、味が薄くなったように感じたけれど、とくにドラスティックな変化は見られない。

最後に焼きうどん。あまり期待していなかったが、なかなかおいしい! 冷やすことによって、ダシの味が凝縮されるのかも。しかし、麺が多少粉っぽくなるのが難点か。

おいしかった順に並べると、堂々トップはカレー。以下、2位に焼きうどん、3位に麻婆豆腐、4位に塩サバ、5位にハンバーグ、6位がグラタンという結果になった。

いずれも、ふだんは熱い状態で食べていた料理なので、口に入れた瞬間、脳が混乱して一瞬「?」となる。しかし、その後でそれぞれの“冷やし”マジックを見せてくれるのが楽しい。

冷やしたら、実はおいしい料理。探せばまだまだありそうですよ。
(石原たきび)

※この記事は2014年7月に取材・掲載した記事です

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト