部屋から部屋へ。あなたに寄り添う明るい“相棒”

スピーカー内蔵のLEDランプ

2015.07.03 FRI


サイズ:最大幅157×高さ174(mm) 重量:約590g 連続使用時間:音楽再生・約7時間 ランプのみ:約10時間(High)~20時間(Low)。ワンサイズ小さい『Smart Lamp Speaker mini』(価格:1万2960円)もアリ
このところ、電球型LED照明にスピーカーを内蔵した製品がいくつも登場しています。天井や照明器具の電球用ソケットに取り付けて使い、音楽はスマホからワイヤレスで送信。配線にわずらわされることもなく、省スペース化も図れるとあって注目が集まっている様子。

この『Smart Lamp Speaker plus』もそうしたLED照明+スピーカーという組み合わせの商品。しかし、電源は内部の充電式バッテリーなのでソケットに差し込む必要はなく、コレだけで完結した照明器具として使うことができます。置き場所をいろいろと変えられるのがいいですね。

商品開発にあたり、取り入れられた新しい発想が「照明に触れて楽しむ」ということ。ランプシェードをタッチすることによってON/OFFの切り替えなどができるようになっています。また、そのシェードも硬質な素材ではなく、柔らかいシリコン素材を使っているため思わず撫でてしまいたくなるような触り心地。常に手元に置きたくなる、そんな一風変わった照明になっています。光の色を選べるのもポイントで、温かみのある電灯色を初め、合わせて7色のカラーモードを選べます。気分に合わせて手軽に部屋の雰囲気を変えられることでしょう。

音楽を聴く際はスマホなどのBluetooth搭載端末とペアリング。低音のパフォーマンスを向上させるパッシブラジエータテクノロジーを採用しており、コンパクトサイズながら迫力あるステレオサウンドを奏でます。さらに、マイクも搭載されており電話着信時にはハンズフリーでの会話も可能。さらにUSB端子からは、スマホへの給電もできる便利な仕様となっています。

なお、スマホに専用の無料アプリをインストールすれば、使用できる機能がさらに追加可能。このアプリを使えば設定した時刻に自動でランプをつけたり、音楽をかけたりできるので気持ちよく目覚めることができそうですね。また、光の色、明るさを無段階で変更することができるので、より好みに合わせた灯りを楽しむことができます。

部屋から部屋へ、あなたの行くところに一緒に付いてきてくれる可愛い照明…。明るい暮らしを送りたいなら、こんな相棒はいかが?
(のび@びた)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト