今夏は自宅で「そうめんパーティー(そめパ)」がクール?

美味!「そうめん」変わりダレ4選

2015.07.05 SUN


「ボンカレーゴールド太陽のキーマカレー」をそうめん風にアレンジ。竹の器に入れるとますますおいしそう
梅雨が明ければ夏本番。花火に海にキャンプ…と女の子と過ごしたいイベント満載の季節がやって来る。今年こそは「おひとりさま」脱却を狙い、まずは気軽に女子と仲良く…と思いを巡らせる人も多いのではないだろうか。そんな人にオススメなのが「そめパ」(そうめんパーティー)だ。ひとこと「ウチで『そめパ』やらない?」といえば、女子を誘う絶好の誘い文句になる。そこで「そうめんパーティー」を盛り上げるべく、グッズ&変わり種のタレを集めてみた。

〈お薦め!「そめパ」グッズ3選〉
●卓上流しそうめん機「清流」(HAC、参考価格:3000円)
家にいながらにして、テーブル上で流しそうめんが楽しめる。電動式で流れる水に合わせてそうめんもくるくると回り、その涼しげな様子はまさしく「清流」。ヴィレッジヴァンガード下北沢店では売上2位と人気商品。家飲みしながら仲間とワイワイ盛り上がるには最適な商品だ。

●シロクマ付き!! 北極のそうめん鉢(サンアート、参考価格:2000円)
そうめんは回らないが、女子の気持ちを盛り上げてくれる「カワイイ」要素があるのがこのそうめん鉢。なんと中央にシロクマの人形が座って涼しさを演出してくれるのだ。「ガラスの鉢で食べても味気ない」と思う人にピッタリ。

●流しそうめん・素麺流しセット(ダーリング新庄店、2700円〈一泊二日〉)
そうめんといえば、やっぱり流しそうめん。広い場所の確保が条件になるが、半分に割れた青竹を使っての本格的な流しそうめんは女子ウケ抜群だ。竹を一から加工して作成するのは手間とお金がかかるが、レンタルを利用すれば準備も楽なうえ、お得に楽しめる。

道具がそろったら、タレも一工夫したい。定番の麺つゆのほかにも、数種類を用意して味比べができれば、会話のきっかけにもなるだろう。そこで今回は変わり種を集めて実際に試してみた。用意したのは以下の4品。

〈意外と美味!変わりタレ4選〉
・ごまだれ
・トマト&ジェノベーゼ&チーズ
・お茶漬けの素「永谷園 お茶漬け海苔」
・冷やして食べるカレー「ボンカレーゴールド太陽のキーマカレー」

●ごまだれ
ざるそばなどでよく使われる「ごまだれ」は、そうめんにも相性抜群。まろやかさと香ばしさが麺つゆの清涼感とはまた違った美味しさで、海苔を振っても良い。ちなみに、サラダ用や冷しゃぶ用でも食感や印象はほぼ変わらない。

●トマト&ジェノベーゼ&チーズ
スパゲティの人気味は、麺がそうめんに変わってもその実力を発揮。固めに茹でれば一層美味しく、冷製パスタと同じ印象で食べられる。チーズやトマトが載って、見た目だけでも女子ウケがよさそう。「普段パスタで作っているから、そうめんでもいけると思って」なんて料理男子が気取れること請け合いだ。

●お茶漬けの素「永谷園 お茶漬け海苔」(永谷園、メーカー希望小売価格:4袋入120円〈税別〉)
水に溶いたりせず、素麺に振りかけて軽くあえて食べるのがオススメ。味が濃くなりやすいので、かける量に注意したい。パックから小さなガラスの器に出し、各自スプーンでかけるようにセッティングすると、一気にオシャレな食べ物へ。

●「ボンカレーゴールド太陽のキーマカレー」(大塚食品、メーカー希望小売価格160円〈税別〉)
レトルトカレーの老舗・ボンカレーから発売されている夏限定商品の「冷して食べるカレー」の組み合わせ。実はパッケージに「素麺で食べても美味しい」と書かれており、その言葉通り、麺にカレーがよくからみ、ピリッとしたカレーの辛さと冷たい素麺の喉ごしが意外にも合う。

独身男性はなかなか食べないそうめんも、パーティーにすれば女子の心をつかむ料理に早変わり。ただ茹でるだけで楽しめるし、この夏は「そめパ」で楽しい思い出を作ってみては?
(内海香里/ビルコム)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト