40代のアク抜きダイエットテク

短時間で効率よく鍛える「高強度トレーニング」

2015.07.21 TUE


体を鍛えたい、絞りたい。しかしジムでみっちりトレーニングする時間が確保できない。そんな40代男性におすすめなのが、アメリカで多くのセレブやアスリートが取り入れている「高強度トレーニング」だ。わずか20分ほどの短時間に7~10種類ものエクササイズを次々にこなすメニューは超ハードだが、効率の良さと効果は抜群。「REAL FIT」の新穂洋平トレーナーに、このトレーニングの効果や具体的な方法について話をうかがった。

■■今回のアドバイザー
REAL FITトレーナー 新穂洋平さん

短時間、短期間で目標を達成させるジム「REAL FIT」でトレーナーを務める。

■筋肉を落とさず体を引き締める

新穂さん「高強度トレーニングとは、最大心拍数90%程度の強度の高い運動を一定時間行ったあと、短い休憩を取ることを繰り返し行うトレーニングです。例えば、ひとつの種目を30秒全力でこなして20秒休憩、さらに数種目をこなします。これを3セット行います。口で言うのは簡単ですが、実際はかなりハードです。

体を引き締めたいと思った時に有酸素運動を取り入れたりすると思うのですが、有酸素運動だけでは筋肉量も減ってしまう可能性があります。その点、高強度トレーニングは、筋肉量を落とさずに引き締め効果が期待できます。トレーニングを終えたあとの数十時間は、緩やかではありますが脂肪燃焼が続くというところもポイントです」

■短時間のトレーニングで基礎代謝アップ

新穂さん「40代の男性が始める点においてはまったく問題ありません。初めから全力で動けなくとも、回数を重ねるごとに体力がつき学生時代のように動けるようになっていきます。年齢を重ねるとどうしても代謝が落ちてきて、体に脂肪などを蓄えやすくなってしまいます。ですが、高強度トレーニングを続けていけば、代謝が高まり日常的に脂肪を消費しやすい体へと変化させることが可能です。

また、短時間で行えるので、仕事が忙しい人にもオススメです」

■トレーニング後のアフターケアを忘れずに

新穂さん「学生時代に運動系の部活をされていた方は、その頃を思い出しながら楽しんでやっていただくことがポイントです。一人でやるには精神的にもキツいと思うので、気の合う仲間と励まし合い、競争心を持ちながらやるのも継続して行うコツでしょう。

ただし、強度は高めですのでくれぐれも怪我には気を付けて、トレーニング後のアフターケアも忘れずに行ってください」

■最後にアドバイザーからひと言

「ハードなトレーニングですが、終えたあとの達成感や爽快感は最高ですよ!」

記事提供 / 素晴らしきオトナたちへ。モテるオトナの悦びを。[editeur エディトゥール]

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト