40代のアク抜きダイエットテク

忙しい40男は「朝ホットレモンウォーター」でデトックス

2015.08.07 FRI


朝は慌ただしくコーヒーを1杯だけ飲んで出勤、というのが日課になってしまっている40男も多いはず。その朝のコーヒーを、お湯にレモンを搾った「ホットレモンウォーター」に置き換えてみるのはいかがだろうか。このホットレモンウォーターには、空腹を抑えて余分なカロリー摂取を防ぐ作用やデトックス効果が期待できるという。そんなホットレモンウォーターの効果について、栄養士の梅原けいさんに話を聞いた。

■■今回のアドバイザー
栄養士 梅原けいさん

大学で栄養士免許を取得後、食品商社に勤務。その傍ら、フードコーディネーターのスクールに通い、料理に関する数々の資格を取得。現在はレシピ制作会社に所属しながら、料理教室の主催、メニュー開発、体に優しいヘルシーなレシピなどを主に紹介している。

■朝に飲むことで食べ過ぎを防ぐ

梅原さん「レモンに入っているペクチンという食物繊維は、空腹感を抑えて暴食を防ぐ効果があります。また、毎朝ホットレモンウォーターを飲んでいるとレモンの酸味に慣れていくので、味覚が変化して濃い味を好まなくなる傾向があります。その結果、自然と糖分や脂質の高い食べ物を避けるようになり、余分なカロリー摂取を防ぐことが期待できます。

レモンに含まれているクエン酸には、胃と脳を起こして朝スッキリと起床できる作用があります。さらに、ホットレモンウォーターを飲むと唾液の分泌が促され、朝の気になる口のニオイやねばつきも抑えてくれます。朝にレモンを摂るだけでも、たくさんのメリットがあるんです」

■卵かけご飯との組み合わせでプラスアルファの効果を発揮

梅原さん「ホットレモンウォーターの摂取方法は、コップにお湯200ccを入れ(水をレンジで1分チンしてもOK)、そこに生のレモン1/2個を搾って加えるだけ。市販のレモン果汁では効果が薄れてしまうので、生のレモンを使うのがベターです。冷水ではなく熱いお湯と組み合わせることで、腸内の老廃物を洗い流し、デトックス効果が高まります。

より効果的なのは、卵と一緒に摂ること。レモンのクエン酸と卵のアミノ酸、どちらにも疲労回復作用があるので、相乗効果は抜群。ただし、卵を加熱すると、免疫力を高めるビタミンB群が減少してしまうので、生卵のまま食べるのが好ましいです。ホットレモンウォーターと卵かけご飯を組み合わせれば、忙しい朝にもピッタリな朝食になります」

■朝食後1日1杯を目安に

梅原さん「ホットレモンウォーターを飲むタイミングとしてベストなのは朝食後。朝食前に飲んでも効果はありますが、レモンは酸が強いので、空腹で飲むと胃に負担がかかってしまいます。とくに胃の弱い方は腹痛の原因になるため、食後に飲むのがオススメです。1日1~2杯程度が理想でしょう」

■最後にアドバイザーからひと言

「お湯にレモンの果汁を加えるだけの簡単な飲み物なので、ぜひ朝食に取り入れてみてください」

記事提供 / 素晴らしきオトナたちへ。モテるオトナの悦びを。[editeur エディトゥール]

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト