あれもダメ、これもダメ、いったい何ができるのか…

公園で禁止してほしくない事TOP10

2015.07.28 TUE

世論調査


公園で禁止項目が増えている背景には、近隣住民からの苦情や、禁止していなかった行為によって事故が起きた際に管理者(自治体など)が訴えられるリスクを減らすといった目的がある模様。これ、利用する側もよくよく考える必要がある問題ですね 画像:TATSU/PIXTA
このところ「公園の禁止事項が増えている」ことが話題となっています。あまりの禁止事項の多さに、もう存在する意味がないと思わせられるような公園も…。付近住民の方への影響等を考慮すれば、やむを得ない面もあるのだとは思いますが、窮屈な時代になってしまった感じは否めません。

そこで、20~30代の社会人男女200人(男女100人ずつ)にアンケート。安全に十分配慮するという前提で「これは公園では許可してほしい」と思うものについて、聞いてみました。なお、選択肢の項目は公園によっては実際に禁止になっているものです。

<公園で許可してほしいことTOP10>
(全13項目から上位3つまで回答。1位は3pt、2位は2pt、3位は1ptで集計。 協力/アイ・リサーチ)

1位 野球やサッカーなどボール遊び 262pt
2位 花火 189pt
3位 飲食 157pt
4位 写真撮影 141pt
5位 ペットの散歩 102pt
6位 BBQ 91pt
7位 体操 86pt
8位 サイクリング(自転車の乗り入れ) 47pt
9位 楽器の練習 43pt
10位 大声(談笑、発声練習など) 33pt

※番外
11位 喫煙 22pt
12位 ラジコンヘリ、飛行機(ドローン) 8pt


広い場所でないとできない遊びが上位1位、2位。3位、4位なんてどこでもできるといえばそうなのですが。これが公園で禁止されているという現実に、あらためて違和感を覚える次第。ではそれぞれを選んだ理由について、コメントを見ていきましょう。

1位 野球やサッカーなどボール遊び
「公園で禁止したら子供達が他に気軽にボール遊びをする場所がなくなってしまう」(37歳・女性)
「子供の運動する場所がない。スポーツの啓発や人口拡大には必須であると思うため」(28歳・男性)
「定番の遊びなのになんでも禁止の風潮がいや」(25歳・女性)
「それができるのが公園だと思う」(38歳・男性)
「自分が子供の頃、遊んでいたので」(37歳・女性)


2位 花火
「庭付きのアパートなんてないせいか、道路そばで花火をしているのを見かけて危ないと思ったから」(39歳・女性)
「子供が河川敷とかでやるほうが心配だから」(35歳・男性)
「季節が限られていることだから」(38歳・女性)
「それ以外のところではあぶないから」(23歳・女性)

3位 飲食
「ごみなどのマナーさえ守れば迷惑にはならないと思うので」(34歳・女性)
「人に迷惑がかからないし、仕事で外にいる時、公園で飲食したい時がたまにあるので」(26歳・男性)
「子供を遊ばせたあとで、そのままお弁当等を食べさせたい」(33歳・女性)

4位 写真撮影
「何でだめなのか理由が分からない」(32歳・男性)
「子どもの写真をよく撮るので禁止されると困る」(30歳・女性)
「公園には桜など季節によって撮りたくなる植物があることが多いから」(39歳・男性)

5位 ペットの散歩
「公園に動物がいることで、子供たちに動物というものを知る機会にもなると思う。また、散歩しながら公園内を見守る役割にもなると思う」(33歳・女性)
「コンクリートではない場所で歩かせてあげたいから」(29歳・女性)

6位 BBQ
「みんなで楽しみたいし、常識の範囲でやらせてもらいたい」(38歳・男性)

7位 体操
「他人に迷惑がかかるようなものではないと思うから」(37歳・女性)

8位 サイクリング(自転車の乗り入れ)
「自転車なら注意すれば安全は配慮できると思うから」(34歳・女性)

9位 楽器の練習
「公園で楽器の練習をすることが許されれば文化的な国になると思うから」(34歳・男性)

10位 大声(談笑、発声練習など)
「子供が遊ぶと自然と声が大きくなるが、わざとではないため、外では思いっきり笑いながら遊ばせたい」(29歳・女性)
「公園でできなかったらどこでもできないから。外なんだからそれくらい許可してほしい」(34歳・女性)

全体的に見られたのが「禁止になっている意味がわからない」というコメント。項目を選んだ理由というより、なぜそれが禁止なのかという“疑問”になってしまっているわけですが、それだけに現状へのとまどいが見えてくるようです。そして、もう一つ目立ったのが「これを禁止されたら子供の行き場所がなくなる」という懸念。確かに、未来を担う子供にとって、公園は遊び場であり、学びの場。こうした流れは、どこかで止めないとまずい気がするのですが…。
(のび@びた)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト