喫茶店の味が自宅で!?

“氷出し”アイスコーヒーが美味

2015.07.29 WED

R25ドウガ



ポタッ、ポタッとゆっくり時間をかけて抽出する水出しコーヒー。同じ豆でもお湯で出すのと全然味が違うのもオモシロい
喫茶店で飲むアイスコーヒーに「水出しコーヒー」なるものがある。水で抽出したコーヒーは、カフェインやタンニンなどの成分が溶け出しにくく、苦みや渋みが少ない、さっぱりした味わいになるのが特長。

水でコーヒーを抽出するには、毎秒1滴というスローペースで水を供給する必要がある。今回は氷を使うことで、専用器具を使わずに自宅で水出しアイスコーヒーを作る方法を紹介しよう。

用意するのは、ドリッパー2つ。1つ目のドリッパーに通常どおり、フィルターをセットしてコーヒー豆を入れたら、まんべんなく豆を水で湿らせよう。その上に折り畳んだティッシュを置く。もう1つのドリッパーには、氷を入れて、1つ目のドリッパーの上にセットすればOK。徐々に氷が溶け出し、ゆっくり水を供給することができるというわけ。

氷を入れる容器は何でもいいので、ドリッパーの代わりにペットボトルを改造して作ることもできる。詳しくは、動画をチェック!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト