今日の注目を紹介! ママニュースアンテナ

寒さを我慢し続けて、エアコン低体温症に注意

2015.08.17 MON


熱帯夜が続く今の時期、快眠のためにエアコンをかけたまま眠る人もいるだろう。就寝時は快適かもしれないが、朝起きてみると体の調子がイマイチ…。それ、もしかしたらエアコン低体温症かもしれない。いったい低体温症とはなにか、ならないように気をつけるポイントはあるのだろうか?

●体温が36度未満は低体温症予備軍?
人の基礎体温は36.5度程度と言われており、35度以下に低下した状態が低体温症だ。体温が36.5度くらいだと、体の新陳代謝が活発化し、免疫力も高まり健康的だと言われている。しかし、エアコンの効き過ぎによって、必要以上に体の体温を下げてしまうと、頭痛や腰痛、自律神経失調症、不眠などの症状を引き起こす原因になるそう。

頭痛程度であれば、さほど気にならないかもしれないが、症状が悪化すると、意識障害に陥ってしまう可能性もあるため油断は禁物だ。

●低体温症にならないための予防策は
体温を低下させないためには、エアコンを使わなければ済む話だが、それはそれで熱中症になる可能性もあるので一概に良いとはいえない。エアコンの温度設定に気をつけ、部屋を涼しくさせ過ぎないこと。また、汗をたくさんかいた状態でエアコンの効いた室内に入ると、急激に体温が低下するため、汗で濡れた服は着替えたり体の汗を拭いたりするといいだろう。

とはいえ、前述の予防策は一時的な方法。低体温症にならないためには、日ごろの運動不足や「●●抜きダイエット」など、不健康な生活習慣を見直すことがなによりも重要。健康的な体になれば冷えづらくなるからだ。旬の野菜を摂り、栄養バランスのよい食事をする。毎日10~20分でもいいので運動をし、お風呂にゆっくり浸かって体を温めることを心がけよう。

暑い日には、ついつい冷たい物を食べたり飲んだりしがちになるが、体の冷えは万病のもと。エアコンや扇風機など、上手に活用しながら健康的に夏を乗り切ろう!
(文・奈古善晴/考務店)

記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト