20~30代の既婚女性200人に聞いた!

夫がド忘れ!1位は「結婚記念日」

2015.08.04 TUE

世論調査


「夫に記念日や思い出を忘れられたことがあるか」の質問で、「なにもかも」と答えた人は、「昨日の事さえ忘れてくれるが、いやなことも覚えていないので重宝しています♪」とコメント。こんなありがたい妻はごく一部!? 画像提供/IYO / PIXTA(ピクスタ)
結婚記念日であることを忘れて仕事帰りに飲みに行ってしまい、奥さんにこっぴどく叱られた…。そんな失敗をしたことのある男性もいるだろう。往々にして女性のほうが記念日などの思い出を大切にするもの。悪気はなくとも、夫はついスルーして夫婦仲を炎上させてしまうことがある。そこで20~30代の既婚女性200人に、「夫に大切な記念日や思い出を忘れられた!」という“被害実態”を調査してみた。

〈夫に忘れられた記念日&思い出TOP10〉
(複数回答、協力/アイリサーチ)
1位 結婚記念日 20.5%
2位 誕生日 17.5%
3位 バレンタインデーやホワイトデー 12.0%
4位 プレゼントしたアイテム 11.5%
5位 プロポーズの日付 11.0%
5位 昔2人で行ったデート場所 11.0%
7位 付き合いだした日 10.5%
8位 プロポーズの言葉 8.5%
9位 クリスマス 4.0%
10位 新婚旅行の思い出 3.5%

※大事な記念日や夫婦の思い出を忘れられたことは一度もない 47.5%

クリスマスやバレンタインデーと違い、世の中が騒がないせいか(?)、結婚記念日と誕生日がトップ2に。一方、意外と律儀な夫も多いようで、「大事な記念日や思い出を忘れられたことはない」人も5割弱に及んだ。もっとも、「半数以上は忘れられたことがある」とも言えるわけで、これを「少ない」とみるかは微妙なところ。以下、忘れられた経験のある妻から寄せられた体験談を紹介しよう。

【1位 結婚記念日 20.5%】
「記念日に食事に行くと言っていたが当日忘れていた」(34歳)
「ポストの暗証番号を結婚記念日にした、と言ったら『いつだっけ?』と言われた」(38歳)
「結婚記念日に今日で何年目だねって話したら『えっ?』と反応していた」(37歳)
「出張に行っていた」(36歳)
「子供ができてからは忙しいから、結婚記念日になった日でも、忙しくしてたらそのまま過ぎ去った。 そのあと、私の両親に、『昨日結婚記念日だったんじゃない?』と言われて、 旦那は『はっ!』って感じでした」(33歳)

【2位 誕生日 17.5%】
「単身赴任している夫から誕生日にメールがなかったので、『今日誕生日なんですが』と送ったら『ごめん』と返信があった」(33歳)
「家に帰ってこなかった」(36歳)
「今日って何の日?と聞いても、夫は思い出さなかった」(29歳)
「おめでとうの一言もないまま、その日が終わった」(35歳)
「歳をとるだけだもの、覚えていて欲しい?と平気で言う」(38歳)

【3位 バレンタインデーやホワイトデー 12.0%】
「バレンタインはあげたのに、ホワイトデーには触れても来なかった」(30歳)
「バレンタインは自分がもらう側なので覚えているが、ホワイトデーに返すという気持ちがそもそもない」(33歳)

【4位 プレゼントしたアイテム 11.5%】
「プレゼントしたものをなかなか使ってくれず、捨てようとされた」(38歳)
「クリスマスプレゼントにあげたヘッドホンを、『欲しいものと違う!』と言い放ち、風邪で高熱がある私を電気屋さんに交換させに行かせた事を覚えていなかった」(33歳)

【5位 プロポーズの日付 11.0%】
「旦那の誕生日の翌日だったのに、全然覚えていない」(30歳)
「あやふやで二人ともそれがいつだったかわからない」(35歳)

【5位 昔2人で行ったデート場所 11.0%】
「旅行デートは私が行程をほとんど決めるので、あんまり覚えてないことがよくあります。 テレビ見て、ここ行ったねーと言うと、すごく曖昧な返事が返ってきた」(29歳)
「ここ行ったよね、と言ったら『俺は行ってない、他の男と行ったんだろ!』と言われて悲しくなった」(33歳)

記念日当日に妻からリマインドされて、動揺する夫たちの姿が目に浮かぶ…。一部には「憶えておく意味があるのか?」「俺との思い出じゃない」と、忘れているのに開き直ったりする夫もいるようだ。

一方、妻の方も記憶があいまいなケースがあるようで、結婚前に複数の男性と付き合っていると、記憶がごっちゃになってしまうことも…。そんな実態がうかがえる結果がこちら。

〈元カレと今の夫との思い出、間違えて話したことある?〉
・話したことがある派 22.5%
・話したことはない派 77.5%

少数派ではあるものの、4人に1人近くが、元カレと夫の思い出を混同してしまったことがあるようだ。代表的なエピソードをひとつ紹介しよう。

「一緒に行ったラーメン屋の話をしていたが、前彼だったと一生懸命話している途中に気付いた。前彼とも言えず、『友達と言ったかも』とにごした」(39歳)

これは妻側に調査した結果だが、記憶力の悪い(?)夫側に調査すれば、「経験アリ」はもっと多いかも…。いずれにせよ、「記念日」や「昔の思い出」には「地雷」がひそんでいるもの。時間が経つほど記憶は曖昧になってしまうので、うっかり踏んでしまわないよう男性諸君はご注意を。
(福田繁雄)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト