40代のアク抜きダイエットテク

圧巻の発汗!40男の 「バーチャルボクシング」トレ

2015.08.30 SUN


男だったら誰でも体を鍛え、強くなりたいと思うもの。しかし、40代ともなると本格的に格闘技を始めるには多少躊躇するのも事実だろう。そんなときに最適なのが「バーチャルボクシング(R)」だ。ボクシングにエクササイズを取り入れたものにはボクササイズがあるが、バーチャルボクシングはそれをもう一段階進化させ、ボクシングの実践的なコンビネーションなどの動きも取り入れている。もちろん、ダイエット効果も抜群。バーチャルボクシングの実践法や効果について、adidasBOXING教育ディレクター(元日本ライト級プロボクサー)、茂呂一雄さんに話を聞いた。

■■今回のアドバイザー
RK蒲田ボクシングファミリー
インストラクター
茂呂一雄さん


2012年にメキシコシティでのadidasトレーニングアカデミー(ボクシング部門)に選抜され、今まで200名以上のフィットネスボクシングインストラクターを育てている。

■対戦相手を想定してパンチを繰り出す

茂呂さん「従来のボクササイズは、リズムにのせて振り付けのように体を動かすのが基本です。しかし、バーチャルボクシングは音楽こそ使いますが、振り付けにはしません。実際に、対戦相手がいると想定してパンチやステップ、コンビネーションなどの基礎動作を繰り出していきます。プログラムは、世界戦と同じ12Rの約45分間です。

普段運動しない人にとって、45分は長いと思われるかもしれませんが、レベル別に分かれているので、初心者コースなら安心してできます。ただし、時間みっちり使って体を動かすので、相当の汗をかくことは覚悟してください」

■プログラム終了後は髪の毛まで汗をかく

茂呂さん「バーチャルボクシングは、腕、背中、お尻、お腹、これらの筋肉をたくさん使うのでかなり鍛えられると思います。いずれも大きい筋肉のため、これからの季節だと夏バテ対策にも効果的です。瞬発力や反射神経を鍛える内容にもなっているので、運動能力を改善したいという人にもオススメです。ストレス解消の効果はいうまでもありません。

プログラムは3部構成となっています。まずウォーミングアップでその日使う筋肉を慣らしていきます。次にメインパート。試合の疑似体験をします。とはいえ、実際に殴りあうのではなく、対戦相手に見立てたトレーナーに向かってパンチを繰り出していきます。ときにはトレーナーから攻撃されることもあるので、それは避けなければいけません。最後はコンビネーション。その日教わった体の動かし方、パンチの仕方を総復習します。ここまできたら、髪の毛まで汗をかいているはずです」

■最初に飛ばし過ぎるのはNG

茂呂さん「初めての方の場合、自分の体力や持久力がどれくらいあるのかわからず、最初から頑張りすぎてしまう方が多いです。そうすると、終わるころにはヘトヘトになってしまい、継続することに不安を持ってしまいます。そのため、最初は適度に頑張ることが大切です。そうすると、自分は今これくらいしか体力がないから、次回はもうちょっと抑えめにしようとか、もうちょっと激しくしても大丈夫という風に指標が見えてきます」

■最後にアドバイザーからひと言

「バーチャルボクシングは、現在のところ蒲田にあるRKボクシングファミリーで、木・土曜に開催しています!」

記事提供 / 素晴らしきオトナたちへ。モテるオトナの悦びを。[editeur エディトゥール]

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト