『ハリー・ポッター』『踊る大捜査線』…TOP10はコレ

続編が観たいシリーズ映画1位は?

2015.08.18 TUE


シリーズ24作目となる『007 スペクター』も年末に公開。ボンドの幼少期の秘密と彼を苦しめ続けてきた宿敵の存在が明らかに SPECTRE(C)2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved
この夏は洋画・邦画ともに話題作が次々と公開され、記録的な興行成績となる見通しだ。とりわけ8月上旬に公開した『ジュラシック・ワールド』と『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』が、週末興行収入ランキング(2015年8月8日~2015年8月9日/興行通信社発表)で初登場1位と2位を記録(それぞれのシリーズ歴代記録も更新中)。やはり認知度も高く、世界観が明確な「シリーズモノ」の強さを改めて印象付けた。

製作側にとってもメリットの多いシリーズモノは、今後も続々と新作が公開される。だがその一方で、製作の予定がまったくないシリーズモノもあり、復活を望むファンも多いようだ。そこで20~30代の男性社会人200人に、続編やリメイクの企画が進行していないシリーズ作品の中から「続編が観たいシリーズ映画」を選んでもらった(3本以上続くシリーズモノ限定)。

●続編が観たいシリーズ映画TOP10
(1~3位を選択してもらい、1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとして集計。協力/アイリサーチ)

1位 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ(286pt)
2位 『踊る大捜査線』シリーズ(194pt)
3位 『ハリー・ポッター』シリーズ(124pt)
4位 『マトリックス』シリーズ(115pt)
5位 『オーシャンズ』シリーズ(111pt)
6位 『TAXi』シリーズ(98pt)
6位 『ホーム・アローン』シリーズ(98pt)
8位 『20世紀少年』シリーズ(72pt)
9位 『ジョーズ』シリーズ(52pt)
10位 『ゴッドファーザー』シリーズ(50pt)

特殊効果を使った洋画が上位を占める中、邦画『踊る大捜査線』シリーズが2位にランクイン。SF、ドラマ、ファンタジーと多彩なジャンルの作品がランキングに並んだ。それぞれの作品が選ばれた理由や、続編に期待するコメントを紹介しよう。

【1位 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ】
「ひと昔前のものなので、最新技術を駆使した映像にしてほしい」(24歳)
「タイムスリップ映画のパイオニア的な存在の映画だから、続編が見たい」(30歳)
「当時より時間が経過したので、これからの未来を見てみたい」(39歳)
「いつみても面白い。主人公の子供が主役でも面白い」(32歳)
「世界観がすごく好き。ただ、俳優が変わらざるを得ないので、失敗する可能性が高そう」(37歳)
「過去はともかく、あのころの未来とはまた違っているので、現代バージョンを見てみたい」(30歳)

【2位 『踊る大捜査線』シリーズ】
「出演者の独自の世界観が出来上がっていて、その世界観にまた浸りたい」(35歳)
「織田さんが出世した後の話を見たい」(35歳)
「ストーリー自体は完結しているので、スピンオフ的な作品が観たい」(30歳)
「時間が経ったので、役職も変わり違った展開を観たい」(36歳)

【3位 『ハリー・ポッター』シリーズ】
「大人になった主人公たちの次の世代を見たい」(32歳)
「世界観が大好きだから」(24歳)
「関連本やダンブルドアの若い時などキャラクターのスピンオフが見たい」(35歳)
「まだまだストーリー展開ができそうなので、新たな相手との出会いとか観たい」(39歳)

【4位 『マトリックス』シリーズ】
「あのカッコよさの衝撃が忘れられない」(31歳)
「人類の復興を描いてほしい」(27歳)
「キアヌリーブス帰って来い」(23歳)
「当時の価値観を変えるほどの作品だった。今作ったらどうなるのか見てみたい」(32歳)

【5位 『オーシャンズ』シリーズ】
「1番好きな映画 出演者皆がとにかくかっこいい」(28歳)
「テンポが良くてキャストが豪華なものを観たい」(37歳)
「メンバーの過去などがからんだストーリーがいい」(34歳)

6位以下の作品へのコメントを抜粋すると…「世界観が好きなので」(『20世紀少年』シリーズ/25歳)、「現代版も見てみたい」(『ゴッドファーザー』シリーズ/33歳)という声のほか、「今の映像技術を使ったものを観てみたい」(『ジョーズ』シリーズ/39歳)など、映像のブラッシュアップを望む声も多かった。

反面、「3部作できれいに完結しているので続編は見たくない。どうしても強いていうならリメイク」(『マトリックス』シリーズ/37歳)など、新作のクオリティを懸念する声も。大好きな作品だからこそ、「蛇足」になりかねない続編はやめてほしいということだろう。

今夏は冒頭の2作のほか、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』や『ターミネーター:新起動/ジェニシス』もスマッシュ・ヒットを飛ばすなど、シリーズモノが大成功をおさめている。年末には『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』も公開されるし、ランキングに並んだ作品も、実は水面下で「続編」のプロジェクトが…なんて可能性もゼロじゃない?
(足立美由紀)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト