ダイエットや美肌効果が高いとも聞くけれど…

「お休み前の牛乳」は太りやすい?

2015.08.20 THU

働く女子を応援!L25タイムス


眠る前に冷たい牛乳を一気飲みすると、胃腸がビックリして腹痛になる心配も。少し温めてホットミルクにしたほうが、お腹が温まって気持ちも安らぐ 画像提供/dorry / PIXTA(ピクスタ)
子どものころ、寝る前に牛乳を飲む習慣があった人、いますよね? 少し温めた牛乳を飲むと、気持ちが落ち着きましたよね。でも大人になってから耳にするのは「寝る前の牛乳は太る」という噂…それって本当? 小林メディカルクリニック東京の小林暁子先生に聞いてきました。

「たしかに脂肪分の多い牛乳を大量に飲み続ければ、それなりのカロリーを摂取することになります。でもコップ一杯程度なら、カロリーはそれほど多くありません。商品にもよりますが、200mlのパックで普通牛乳なら140kcal弱です。よほどカロリー制限が必要な体でない限り、眠る前にコップ一杯飲むことで太りすぎることはありません」

ただし、眠っている間は体のカロリー消費量が少なくなるため、就寝直前に飲食をすると摂取カロリーを溜め込んでしまうのは事実。コップ一杯ならともかく、大量に飲んだり、一緒に何か食べたりすることが習慣化すると、太りやすくなってしまうそう。また、摂取したものを消化するために胃腸が働き出してしまい、深い睡眠が得られない場合もあるそうです。ダイエットを気にするなら、できれば就寝直前ではなく、3時間ほど前までに飲んでおいたほうがいいみたい。

「牛乳自体はたんぱく質やビタミン、ミネラルを豊富に含む、栄養価の高い飲み物です。とくに100kcalあたりの栄養素の豊富さを示す『栄養素密度』が高いとされ、少量でも栄養をバランスよく摂取できるのがメリットです。とくに骨や歯の形成や筋肉の収縮、心臓の動きに不可欠なカルシウムが多く含まれています。また、ビタミン類も豊富で、皮膚や粘膜を健康に保つのに役立つビタミンAやB2も多く含んでいますので、美肌効果も期待できます。私も牛乳はよく飲んでいますよ」

どうしてもカロリーが気になる場合は、普通牛乳のほか、低脂肪牛乳や成分調整牛乳などさまざまな種類があるので、成分表を見比べてから購入するのがよさそう。また、牛乳や乳製品にアレルギーがある方の場合、無理して飲むことはもちろん避けましょう。適度においしく飲みながら、ダイエットや美肌を心がけたいですね!

(富永明子)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト