40代のアク抜きダイエットテク

ボクサー直伝! ダイエットに効く「正しい縄跳び」

2015.09.08 TUE


縄跳びは、場所をとらずにその場で行うことのできる効率的なトレーニングアイテムとして知られる。しかし、その縄跳びトレーニングも、正しい方法で行わなければ効果が半減し、継続するのもむずかしくなる。adidasBOXING教育ディレクター(元日本ライト級プロボクサー)、茂呂一雄さんに話を聞いた。

■■今回のアドバイザー
RK蒲田ボクシングファミリーのインストラクター 
茂呂一雄

元日本ライト級プロボクサー。協栄ボクシングジムフィットネス部門㈱プロスタッフ・協栄にて12年間マネージャー兼プログラムディレクターとして総計100名以上の協栄認定IRの管理・教育・研修を行う。現在は、独自で開発した『バーチャルボクシング』、『スクールボクシング』を展開し、レッスンやイベントを提供する。

■縄跳びはハードトレーニング

茂呂さん「一般的にボクサーといえば、縄跳びでトレーニングというイメージがあると思います。実際、その通りで、スタミナアップ、足腰や膝を鍛える、体のバネやフットワークを養う、リズム感をつけるなど、様々な目的のために用いられています。ただ、あまり知られていないのは、一般の方にとってこの縄跳びは最もキツいトレーニングの1つだということです。

普通の大人でも、縄跳びを3分間飛ぶのはかなり難しいと思います。30秒くらいでギブアップしてしまう人も多いのではないでしょうか。深く呼吸ができないため、酸素が少ない状態で飛び続けるのは、かなりのスタミナを要するためです。手軽で始めやすい縄跳びトレーニングですが、継続するためには正しいやり方を知る必要があります」

■スタートはエアー縄跳びから

茂呂さん「縄跳びトレーニングを始めるなら、最初は縄ナシでやってみましょう。いわゆるエアー縄跳びです。エアーの状態で、まずはジョギングするように駆け足で跳びます。慣れたら、片足飛びに挑戦です。ケンケンするように2回飛んで、もう片方の足にチェンジします。

ジョギング縄跳びと、片足縄跳びを交互にやってみましょう。1分間3セットくらいがいいと思います。エアー縄跳びで十分できるようになったと思ったら、実際に縄を持って同様にジョギング縄跳びから始めてみてください。縄を持つだけで難易度が倍以上になります。あとはもう練習あるのみです」

■質より長さが重要

茂呂さん「縄跳びの種類に関しては、特に気にする必要はありません。大事なのは長さです。両足で縄を踏んで、腰よりも5~10cm程度長いものが飛びやすいです。飛ぶときの注意点としては、脇をしっかりしめて、手首で回すこと。腕で回すと軸がブレてしまいます。同じ場所に着地し続けることを意識してください。

サウナスーツを着る人もいますが、それは体を温めるのが目的です。着用する際はウォーミングアップのときだけにしてください。不要に汗をかきすぎると、体調を崩しかねないので気をつけましょう」

■最後にアドバイザーからひと言

「好きな音楽をかけて飛ぶと、楽しく継続できますよ!」

記事提供 / 素晴らしきオトナたちへ。モテるオトナの悦びを。[editeur エディトゥール]

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト