若手男性200人に調査!女子に“盛って”伝えたことTOP10

男の「見栄っ張りなウソ」1位は?

2015.08.20 THU

世論調査


サバを読んだところで実際の身長は変わりませんが、「身長は高い方がカッコいいから」(34歳)などの理由で“盛って”伝える人も
なにかにつけ“カッコつけ”がちな男性には、見栄を張りたくなってしまう瞬間があるもの。女性に好印象を与えるべく、サバを読んで自分のことを伝えたこともあるだろう。そこで20~30代の社会人男性200人に、「女性に見栄を張ってしまいがちな(だった)こと」を調査してみた。気になるランキングは以下の通り。

●サバを読んで女性に伝えたことがあることTOP10
(全13項目から上位3位までを選択。1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとして集計。協力/アイリサーチ)

1位 身長(例:実際より高く) 190pt
2位 年齢(例:実際より年上/年下に) 181pt
3位 体重(例:実際より少なく) 131pt
4位 年収(例:実際より多く/少なく) 127pt
5位 仕事の忙しさ(例:実際より忙しそうに/余裕がありそうに) 108pt
6位 初キスや初体験の年齢(例:実際より早く/遅く) 102pt
7位 女性経験の人数(例:実際より多く/少なく) 95pt
8位 友だちの数や人脈(例:顔見知り程度でも「友だち」と言う) 60pt
9位 仕事上の役職・役割(例:実際より高く/敢えて横文字で言う) 54pt
10位 睡眠時間(例:実際より短く/長く) 51pt

※番外
11位 出身地(例:埼玉県出身だけど「東京」と言う) 31pt
12位 学歴(例:実際より高く) 27pt
13位 勤務先(例:子会社勤務だけど親会社の名前で言う) 22pt

「サバ読み」の代表格「年齢」を抑えて首位に立ったのは、「身長」。以下、上位には、男性陣がコンプレックスを抱きがちな項目が並ぶ。はたして彼らは、どんなふうにサバを読んだのか? 具体的なコメントを紹介しよう。

【1位 身長】
「聞かれたときに5cmぐらい高く言った」(37歳)
「実際は少し足りないが、切りのいいところまで、高めにサバ読んだ」(35歳)
「あと1cmで180cmになるから」(33歳)
「四捨五入して高く伝えた」(35歳)
「身長コンプレックスなので168cmなのを2cmさばを読んでいる」(27歳)
「174cmを175cmといった」(31歳)

【2位 年齢】
「相手に合わせて年齢を若く伝えた」(38歳)
「5歳年上の女性に対し、同年代と偽って話を合わせようとした」(29歳)
「ネット上でのやり取りだったので、年齢差を少なくするため若く言った」(36歳)
「深い意味はない。でもついやってしまう。相手とのギャップを恐れてかな?」(29歳)
「年上と飲む機会が若い頃多くて、相手により近い年齢を言っていた」(36歳)

【3位 体重】
「メタボ気味なので恥ずかしくて少なく伝えた」(36歳)
「実際より、多く」(39歳)
「少しスリムにみられるように実際より少なく言った」(31歳)
「彼女が痩せた人が好きだったので、見た目はゴツいけど骨太なだけで痩せているんだよと言った」(38歳)
「合コンの場で体重の言い合いになったとき見栄を張って実際より5kg少なく教えた」(36歳)
「太ってると思われたくないから少なく申告する」(39歳)

【4位 年収】
「四捨五入して、多めにいった」(29歳)
「女性のほうが年収が高かったので、少し多く言っておごった」(34歳)
「社会人になると年収の多いほうがもてるから」(38歳)
「年収をある程度多く言わないと女性の気を引けないと感じたので」(29歳)

【5位 仕事の忙しさ】
「実際より余裕がありそうに」(35歳)
「仕事量が少ないのに忙しいふりをした。」(39歳)
「手伝って欲しくて実際よりも忙しいと言った」(35歳)
「大して忙しくないがすごく忙しいように言う」(38歳)
「忙しそうに見えた方が魅力があると感じたから」(33歳)

【6位 初キスや初体験の年齢】
「初体験の時期を実際よりも1年早くした」(37歳)
「少なすぎると恥ずかしいから実際よりも早く言った」(31歳)
「テクニックがないと思われたくない」(34歳)
「実際より早く言った、なんとなく早い方が良いかと思ったから」(38歳)
「童貞だけど言えない」(32歳)
「実際より遅く伝えた」(30歳)

【7位 女性経験の人数】
「『だいたい何人』と切りのいい数字で多めで言いました」(27歳)
「今の妻が最初の相手だったが、経験人数を聞かれ引かれるのが怖くて3人と答えた」(37歳)
「周りの会話に合わせて実際より多めに話してしまった」(38歳)

【8位 友だちの数や人脈】
「社交的に見られたい」(39歳)
「人脈広いとカッコいい」(36歳)
「本当は友達がいない」(33歳)

【9位 仕事上の役職・役割】
「一番評価されそうだから」(36歳)
「仕事の立場で評価してくれる人が多いから」(38歳)

【10位 睡眠時間】
「短く言って、それだけ仕事が忙しいという言い訳のように伝えた」(39歳)
「いつも良く寝てると生活に余裕があるふりをする」(35歳)
「実際、すごく睡眠時間が少ないけど睡眠時間を長くゆったりと生活していると言った」(39歳)

身長を1cm“盛って”伝える男性がいるなど、女性からは「なんでそんなことを気にするの?」と思われそうな“サバ読み”ばかり。当人としても「くだらない男のプライド」であることは百も承知だが、それでも見栄を張りたくなってしまうのが男心なのだろう。女性の皆さん、男友達や彼氏の「サバ読み」に気づいてしまっても、温かくダマされていただければ幸いです。
(小笠原敦)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト