コンプレックスを、楽しもう

微乳ならではのファッションメリット

2015.09.02 WED


「小さい胸で悩んでいる。メリットはないのかしら?」「私の胸は、微乳ではなく美乳なんです!」そうです。胸の小ささは、自分の個性。さらに、小さい胸ならではのファッションメリットもあるのです。あるがままを受け入れてファッションの分野におけるメリットを生かしていきましょう!

1.襟元がVラインの服がかっこいい
襟元がVラインの洋服は、首回りをすっきりと見せてくれるので、インナーとしてスーツの中に着用したり、小さ目のネックレスと組み合わせてすらっと1枚で着こなすのが素敵ですね。襟元がVラインの洋服は、丸首に比べてキッチリとしたイメージありますから、きちんと着こなせば知的な印象を与えてくれます。胸の小さ目の方なら、襟元がVラインの服をとてもバランス良く着こなす事ができるのです! 鎖骨から胸にかけてのラインを、きれいに見せることを意識しましょう。

2.全身のスタイルが良く見える
他人と顔を合わせて話をする時、どうしても目に入ってくるのは上半身の部分です。胸が小さ目の方は、もともとのスタイルがとても良い方が多いですし、上半身に目立った肉付きがない分、全身がすらっとして見えます。そして、「華奢」「細め」という印象を持ってもらいやすいということに。それは女性の魅力の一つでもありますので、首もと、うなじなどをさりげなくアピールしてみてください。

3.どんなジャンルの服装でも似合う
胸の小さ目の方は、比較的どんな服装でも似合います。Tシャツ・スーツ・ワンピース・ロンT・サロペットなど、どんなジャンルの洋服を着ても、スラリと着こなせてしまうのです。自分の体のチャームポイントはどこでしょうか? 胸を気にするあまり、自分の素敵なポイントを見逃してはいないでしょうか。

何かを隠そうとするのではなく、今持っている素晴らしいところをアピールする方向で、自分に似合うファッションを探してみましょう。
(enJOY Complex編集部)


記事提供/『エンジョイコンプレックス』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト