不倫しているママ友との付き合い方

不倫してるママ友とどう付き合う?

2015.09.29 TUE


ネット上には「ママ友の不倫」に関する悩みや不安、不快感などの声が多数ある。

でも、「ママ友」といっても所詮、他人の恋愛ごと。なぜ気になるものなの? 「AllAbout恋愛ガイド」の藤嶋ひじりさんに聞いた。

「『悪いことに付き合わされる罪悪感』が生まれるのではないでしょうか。不倫中のママ友の子どもを預かることをお願いされると、不倫の共犯的な役割を担わされるのと同じ。実際、不倫しているママ友に巻き込まれて困っているという悩みは聞きますね」(藤嶋さん 以下同)

特に、ママ友のダンナさんを知っている場合は、余計に不快に思うのではないかと藤嶋さんは言う。

「『自分も同類に見られる』という不安もあるでしょう。また、不倫に対して無自覚に興味を持っていて『関わっていると、自分も不倫に走ってしまうかも』と不安を感じる場合もあると思います」

●自分の夫婦の関係に火の粉が降りかかる危険性も?
また、不倫中のママ友を悪く思う、憎く思うなど、相手に強い関心を抱くのは、どこか相手に「うらやましさを感じている」可能性もあるそう。

「特にまだ若いママであれば、キレイなときであり、『今も自分はどれだけモテるのか試したい』『女としての価値をはかってみたい』という欲求があるのも不思議ではありません」

また、性欲が増える年齢でもあり、夫婦がうまくいっていない場合には、性的に満たされていない可能性も。

「さらに、不倫しているママ友と付き合うリスクとしては、『とばっちりがある可能性』があります。バレたとき、協力者がいたことで相手のダンナさんに余計にショックを与えてしまいます。また、自分の夫にも協力したことが知られると、夫婦間に火の粉が降りかかることも考えられます」

さらに、ママ友が口のうまい人の場合、不倫していることを隠したまま「裏切られた」などと周りに言いふらされるおそれも考えられるそう。

「ただし、不倫しているママ友に感じる不安や不快感が、正義感や倫理観からくる人は、付き合いを簡単に切り上げられると思います。でも、『巻き込まれる』と感じる場合は、自分のなかに不安があるのかもしれません」

不倫しているママ友との付き合い方に迷う人は、倫理観の問題なのか、うらやましさによるものなのかは、一度自分に問い直してみることも必要かも。
(田幸和歌子+ノオト)

記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト