キーワードは「密着」!シェービングのトリセツ 最新版

密着=回転式!最新シェーバー体験レポ

2015.10.05 MON

キーワードは「密着」!シェービングのトリセツ 最新版


普段はT字カミソリを使っている僕(30代・ライター)が、フィリップスの最新シェーバー「9000シリーズ」を体験。人気のフルスペックモデルの実力は、やっぱりスゴかった!!

試してみて実感、本当に密着するのは回転式シェーバーだった!



「ヒゲが剃れさえすればOK」と、なんとなくシェーバーを選んでいたキミ(実は筆者もそのひとり)、そろそろシェーバーにもこだわってみてはいかがだろう? ということで、体験した人の85%もが「買いたい!」と答えた(※)、フィリップスの回転式シェーバーのハイエンドモデル「9000シリーズ」の剃り心地を試してみた。今どきの最新モデルは一体どれくらいスゴいのだろうか?

今回体験したフィリップスの回転式シェーバー 9000シリーズは、肌への「密着」を徹底的に追求して開発された最新モデル。実はひと口に電気シェーバーと言っても、回転式と往復式の2タイプがあり、回転式はフィリップスだけの技術。そんな回転式だからこそ実現した肌への密着度の高さも人気の理由の一つだというが…まあ、何はともあれ体験してみよう!

まずは実機のルックスをチェック。3つの円形の刃からなる面積の広いヘッドと握りやすいシャープなボディからなり、使いやすさとカッコよさを両立したデザインに仕上がっている。スイッチを入れてみると、その駆動音がかなり静かなのも特徴的だ。そして、実際にシェービングをスタート! まずはシェービングクリームを付けた頬にあててみたところ、肌に広く接地するヘッドがピタっと吸い付くように密着する! そのまま滑らかな肌当たりで、頬から鼻下、そしていつもなら時間がかかるアゴ上、アゴ下まで、スルッとヘッドが走り、シェービングが終了。特に、複雑なカタチをしたアゴ下の密着感とスムーズな剃り心地は、今まで使ってきたシェーバーでは味わったことのないものだった。

もちろんしっかり密着してくれるがゆえに、何度もガシガシ肌をこする必要がなくワンストロークで剃れるので、肌にやさしい上に所要時間も短くなるという利点も。時間のない朝に利用することを考えると、この手軽さとスピード感はかなり嬉しい。そしてそんな驚きの「密着感」のヒミツは、8方向に自在に可動するヘッドにある。ヘッドがパーツごとに様々な動きをしてくれるので、どんな凹凸にもピタリとフィットしてくれるのだ。

さらに、シェービング後にも大きな変化が。敏感肌ゆえに、いつもはヒリヒリとした痛みや赤みが出てくるのだが、回転式の場合はそれを感じることがなかった。肌に触れる面積が広い上に密着してくれるので強い力をかけなくても剃れる、さらには内刃が肌に触れにくい構造になっている…といった、回転式シェーバーならではの肌へのやさしさを実感できた。

肌にやさしく時短にもなるフィリップスの回転式シェーバーは、今回体験したフルスペックモデル 9000シリーズの他にも、肌へのやさしさにこだわった7000シリーズ、早剃りにこだわった5000シリーズを用意。自分が求めるシェービングのニーズに、ピッタリ“密着”してくれる1台を選んで、ストレスフリーなシェービングを手に入れよう!

※フィリップスシェーバー体感イベントで体感した839人を対象に行ったアンケート調査。フィリップス社調べ(2015年 全国2カ所で実施)
  • ヘッドが8方向に可動して顔の凸凹に密着してくれるので、いつもは苦戦して時間がかかっていたアゴ下にもこのようにピタっと密着! 剃り残しのないスピーディなシェービングが可能に。
  • クルクルと円を描くように実機を動かしながら顔全体をシェービング。ガシガシと押し付けなくても、自然と肌に密着して深剃りしてくれるので、シェービング後もスッキリ心地良い。

ブレイクフォト