カジュアルなのにストロング!?

伸長するチューハイ市場に新機軸の商品登場!

2015.10.06 TUE


複数の果実のイラストを描くことで、果実を混ぜ合わせた「フルーツパンチ」の味わいが表現されたパッケージが目印!
昨今、チューハイ市場においては、アルコール度数7%以上の高アルコール商品が好調で、商品の種類も充実しつつあるという。コンビニやスーパーでも多くの種類のチューハイが並ぶのは、ファンにとってはうれしい状況。「今日はこれを飲んで、明日はこっちを試してみよう」なんて、お店で吟味を重ねるのも楽しい時間かも。ただ、そんなチューハイ市場に少しだけ不満を感じているという人も少なくないはず。それは、一見バラエティ豊かな高アルコールのチューハイ商品群だが、よく見ると、その多くを柑橘系フレーバーが占め、味の選択肢がさほど多くないということ。

と、そんななか柑橘系フレーバー以外の高アルコールチューハイを市場に投入し続け、ファンの期待に応えている商品がある。アサヒビールから発売されている「アサヒハイリキ ザ・スペシャル」シリーズだ。「アサヒハイリキ ザ・スペシャル」は、2014年以降、バラエティ豊かなフレーバーを強化しており、2015年には2月に「メロンソーダサワー」、5月から7月にかけて「ストロングゴールド」「アイスマンゴー」といった斬新な商品を期間限定で展開。20~40代の男性を中心に、好評を博しているのだとか。

そんな「アサヒハイリキ ザ・スペシャル」から、またしても新たな商品が誕生。それが「フルーツパンチサワー」だ。フルーツをミックスさせた複雑な味わいと、ほどよい甘さが特長で、アルコール度数は8%。シャープな後味で飲み飽きない、しっかりとした飲みごたえが楽しめるという。

気軽に楽しめる「カジュアルストロング」をコンセプトに、これからも斬新なフレーバーに挑戦し続けるという「アサヒハイリキ ザ・スペシャル」。まずは「フルーツパンチサワー」を飲みながら、今後の展開にも期待していきたい!

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト