年末年始の帰省、奥さんは実は嫌がっているかも…

嫁姑問題は“能天気”な夫が原因?

2015.12.01 TUE


「父の日、母の日、誕生日のお祝いを忘れないように心掛けている」(39歳)といった声もあったように、日ごろから円満な関係作りを行っておくのも◎ 画像提供:【Tig.】Tokyo image groups/PIXTA(ピクスタ)
そろそろ年末年始の予定を考え始める季節。既婚者なら、夫や妻の実家に帰省予定…という人も多いのでは? その時の悩みの1つとしてよく挙がるのが、義父母との関係だ。特に妻側は「嫁姑問題」が話題になるように、何かと夫の実家での振る舞いに気を使うイメージがある。

実際のところ、妻たちは夫の実家に帰省することをどう思っているのだろうか? 30~40代の既婚女性112人にアンケートを実施した(既婚男性112人への調査も同時に実施。協力/ファストアスク)。

Q.年末年始に夫の実家を訪問することをどう思う?

・楽しみにしている 40.2%
・楽しみではない 59.8%

夫の実家に行くことについて聞いてみると、予想通り(?)、「楽しみではない」が約6割。その理由で多かったのは「気を使うから行きたくない」「面倒」といった声。一方、夫側に「妻の実家」への訪問をどう思うか聞くと「楽しみ」と答えた人が約6割で、真逆の結果に! 気を使う場面が少ない分、妻の実家への帰省をネガティブに捉える夫は少数派のようだ。

では、義父母との関係について妻たちはどう感じているのだろうか?

Q. 夫の親に「好かれている」と思う? 

・好かれていると思う 57.1% 
・好かれていないと思う 42.9%

夫の実家へ行くのはおっくうに感じるものの、夫の親とはうまく付き合っていると考える人が多いようだ。しかし、夫側に「妻とあなたの親は仲がいいと思うか?」との質問をぶつけたところ、約8割が「仲がいいと思う」と回答。夫が考えているよりも、妻は「夫の親と仲がいいとは思っていない」ことになる。夫が楽天的に捉えているよりも、妻は舅姑との関係に問題を多く抱えていると認識しておいた方がよさそうだ。

ちなみに、妻に「夫の親との関係を良くするために心がけていること」について聞いてみたところ、次のようなコメントが挙がった。

「親の趣味に付き合う。話を聞いてあげる」(39歳)
「お互いの生活に干渉しないが、体の健康には気遣いをする。旦那さんの良いところを話す」(47歳)
「明るくふるまう」(36歳)
「食事の後の洗い物をする。世間話を聞く」(36歳)

さまざまな声が寄せられたが、なかでも多かったのは、「家事を手伝う」「相手の話を聞く」こと。相手を立てて、気配りをする姿勢が肝心といえそうだ。

結婚すれば、避けては通れない配偶者の家族との付き合い。相手側の実家を訪問することは、年末年始の“お勤め”と捉え、適度な距離感で付き合うのが一番かも?
(南澤悠佳/ノオト)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト