自分中心の行動や配慮のない言葉に怒り心頭

妻が発熱!夫のあきれた言動TOP9

2015.12.11 FRI


熟年夫婦の心の機微を描いた映画『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』(2016年1月30日公開)は、夫婦にとって大切なこととは何か気づかせてくれるハートフルムービー。妻や夫への気遣いを思い出すきっかけになるかも!? © 2014 Life Itself, LLC All Rights Reserved
体調管理が難しいこの季節。風邪をひいてしまった奥さんに「夕飯は簡単なものでいいよ」と、気遣いのつもりで言ったのに、反対にブチ切れられてしまってプチ修羅場に…なんて経験をした男性もいるかもしれない。

なぜ妻が怒ったのか、理解できない男性は要注意。妻から見れば、「具合が悪いのに食事を作らされる」からだ。怒る妻を見て「自分は食べてくる(買ってくる)からいいよ!」とフォローのつもりで言ったとしても、「自分の分だけなの?」と火に油を注ぐ可能性がある。そこでR25編集部が、30~40代の既婚女性200人に「風邪などで体調を崩した際、夫の言動に怒りを感じたことがあるか」をアンケート調査したところ、実に半数が「ある」(50.5%)と回答した(協力/アイリサーチ)。では妻たちはどんなことに怒りを覚えたのだろうか。複数回答で調査してみた。

〈体調を崩した時、怒りを感じた夫の言動は?〉
1位 食事の用意をさせられる 47.5%
1位 家事を一切してくれない 47.5%
3位 看病をまったくしてくれず無関心 27.7%
4位 「病気をうつさないで」と言われる 20.8%
5位 自分の分の食事しか買ってこない 18.8%
6位 飲み会などで外出して、なかなか帰ってこない 16.8%
7位 「自己管理がなっていない」などと説教される 14.9%
8位 買い物や振り込みなど、外出の用事をさせられる 11.9%
9位 寝室とは別の部屋で寝させられる 5.0%

具合が悪いにもかかわらず普段と同じ家事・料理を要求されることに対する怒りが同率1位に。それぞれのエピソードを聞いてみると…。

●気遣いが足らない夫への怒り
「インフルエンザに全員かかっていたため出前を取ったら、『自分で作れ』と言われた」(41歳)
「私が具合悪くても家のこともしないし、気にかけるような言葉もない。休みの日だといつものように遊びに出掛けてしまう」(48歳)
「自己管理がなっていないと放っておかれ、自分はいつもどおり有料アダルトサイトを閲覧」(39歳)
「帰宅した主人が家事を何もしていない状況を見てため息をついた」(35歳)
「高熱が出たので解熱剤を買ってきてくれるよう頼んだが、『薬は効かない』ととりあってくれず、『具合の悪い時くらいお願いを聞いてほしい』と頼んだら機嫌が悪くなった」(34歳)
「『(具合が悪いなら、家事は)明日したらいいやん』と言うが、明日するのは私なのをわかっていない」(45歳)

●自分勝手な言葉を放つ夫への怒り
「私が体調を悪くして寝ていたら、『俺のメシは?』と言われムカついた」(45歳)
「『自己管理がなっていない』と言われ放っておかれるが、夫の体調が悪い時は『お前のせいだ』などと言われる」(39歳)
「『こっちはそっちと違って体を使う仕事してるんだから』と言われた。主婦は仕事してないのかよと思って本当にむかつきました」(41歳)
「風邪で咳が酷く、夜中とくに咳き込むので『寝られない』と言われ、仕方なく治るまでこたつで寝ていた」(32歳)
「家事を怠けていると暴言をはかれた」(42歳)

●自己中心的な態度に出る夫への怒り
「朝から急激に調子が悪くなった私に気づかないフリをして、夫は飲み会に出席。子供の世話をしつつの高熱はかなり辛かった。後日夫に『実はインフルエンザだったんだよ』と告げたら、夫は『だよね~』と一言。このリベンジはいつか必ずすると心に誓った」(45歳)
「旅行の予定があったが体調が悪く、取り止めたいと言ったにもかかわらず無理やり連れていかれた」(32歳)
「(家事を一切やらずに)仕事をしているフリをする」(33歳)
「レンタルDVDの返却(をさせられた)」(32歳)
「『ご飯を作れない』と言うと、買ってくるよりも楽だという理由で外食に誘われた」(35歳)

内なる声が続々と集まった今回のアンケート。ちなみに、体調が悪い時にかけてほしい“正解”コメントを聞いてみたところ、「いいよ寝ていて。あとは俺が全部やるから」(34歳)や「一言『手伝おうか?』と嘘でも言ってほしいと思う」(41歳)のように、病気の妻をサポートする気遣いがある言葉とのこと。

またこの他にも、「軽く出来る事はやっておくわ!」(32歳)や、「皆で倒れる訳にいかないから、違う部屋で寝るね」(46歳)など、夫としてギリギリまで努力しているという姿勢を見せるだけでも印象はだいぶ違うとのコメントが多数。いずれは自分だって体調を崩すこともあるはず。“看病は人のためならず”と信じて妻のサポートに励んでみては?
(足立美由紀)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト