女心がわかる!? ホンネの恋愛事情

たったひと手間で!?簡単パーティメイク

2015.12.15 TUE


メイクもひと手間かけて、パーティ仕様に 画像提供/セキララ★ゼクシィ
いろいろとイベントの多いこの時季。お出掛けするときは、洋服をちょっとパーティ仕様にするように、メイクも少し華やかにしたいもの。パーティメイクをしっかりベースから仕上げていくのは美容雑誌にお任せして、セキララ★ゼクシィはメイクにプラスワンくらいで、パッと表情が華やぐテクニックをご紹介!

メイクアップアーティストの新見千晶さんに、華やかなパーティメイクにチェンジする方法をお聞きしました。まずは、いつものメイクにひと手間加えるだけで特別感の出る、パーツ別のテクニックから。

■明るさのトーンを上げたり、キラキラを加えることがカギ!

<ベース>
・ピンク系の下地をプラスする
・目の周りをハイライト入りのコンシーラーでカバーする
・パープルのハイライトパウダーを加える

「下地にピンク系のカラーを加えることで、顔のトーンがワンランク明るくなり、ふんわり華やかな雰囲気になります。ピンク系の下地がなかったら、コンシーラーでもOK。ハイライト入りのコンシーラーで目の周りをしっかりカバーするだけで華やか感がアップします。また、平日の夜など普段のメイクをしているときは、パープルのハイライトパウダーをオンして。夜のライティング効果で肌がすごくキレイに見えるのでオススメです」

<アイメイク>
・キラキラのアイシャドーを涙袋にプラスする
・キラキラのアイシャドーをアイホールの中央にだけ塗り重ねる
・カラーアイライナーやカラーマスカラを使う
・目尻につけまつ毛を付ける

「パールやラメでキラキラと輝くアイシャドーを涙袋とアイホールの真ん中、黒目の所に重ねると、目元が一気に華やぎます。あと、ブルーやグリーン、パープルといったベーシックカラーではないアイライナーやマスカラを使うのも手。そして、目全体ではなく、目尻のみに付けるつけまつ毛も要チェックです。目元を印象深く見せてくれる上、色っぽく演出してくれます」

<チーク>
・クリームチークでつやつやに仕上げる
・ピンクのハイライトをチークに重ねる

「普段パウダーチークを使っている人は、つや感がアップするのでクリームチークを使ってみてください。また、いつものチークを入れた後に、ピンクのハイライトを重ねることで、上気したような色っぽい表情が作れます」

<リップ>
・今年流行のベリー系の濃いカラーのリップを塗る
・口角だけリップペンシルを使用して、きちんとリップラインを描く
・ラメ入りのグロスで仕上げる
・赤のリップを塗る

「唇全部にリップラインを引くと古くさく見えてしまいますが、口角にだけ入れるとキュッと口角が上がって見えるので、口元が華やかになります。リップを塗った後、ラメ入りのグロスでつややかに口元を見せるのも◎ 奥の手は、赤のリップを使うこと。一気に表情をパーティ仕様にチェンジしてくれる優秀アイテムです」

■“やり過ぎ”、“キラキラし過ぎ”はやめましょう

パーティメイクをする上で、「これはNG」みたいなものはありますか?

「華やかにしようと思ってすべてのメイクを濃くしてしまいがちですが、全部を濃くし過ぎると古くさくなってやり過ぎ感が出てしまいます。また、今回のメイクテクでキラキラのアイテムをプラスする方法をいくつか紹介しましたが、パーティだからといってキラキラのパウダーをいろんなパーツに使って、過剰にギラギラしてしまうのはNG。ポイント的にキラキラしているからキレイに見えるということを忘れないでください」

いくらメイクを華やかにするといってもやり過ぎは厳禁です!

いかがでしたか?これを参考に、今年のパーティはワンランク上のメイクで楽しんでみてはいかが♪


【取材協力】
新見 千晶さん
女性ファッション誌、美容誌、広告、CM、カタログ、ファッションショーなどで活躍。多くの女優やタレントのヘアメイクも担当している。独自のメイク理論に基づくわかりやすいメソッドが人気でTV出演やコラム等も多数執筆。著書に『自分史上最強にかわいくなる!一重&奥二重さんの激変メイクBOOK』(KADOKAWA)、『整形レベルのヘア&メイクテク55 朝5分ヒミツの美ワザ』(主婦の友社)、『いつものメイクにトッピング!瞬間変身メイクBOOK』(世界文化社)などがある。


記事提供/『セキララ★ゼクシィ』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト