その言い方が恋人の怒りを倍増させているかも…

彼女と仲直り…「逆効果」な謝罪法

2015.12.29 TUE


「素直に謝られると、自分も冷静になれる」(27歳)、「相手が謝ってくればこちらも謝る気になる」(28歳)のように、まずはきちんと非を認めることが大切。ケンカを長引かせてもいいことはないですよね 画像提供:KAORU/PIXTA(ピクスタ)
彼女とのケンカ。気心の知れた仲だからこそ、甘えすぎたりして怒らせてしまうこともある。さらに仲直りしようと思ってとった行動が間違っていると、乙女心を逆なでしてそのまま破局へ向かってしまうかも!? 

そんな事態を避けるため、「よかれと思ってやったつもりが逆効果な仲直り方法」のボーダーラインを探るべく、20~30代の未婚女性200人にアンケートを実施。彼氏に非があるケンカでの18パターンの仲直り方法について、「効果的」「逆効果」のどちらかを選んでもらった。まずは、7割以上の女性が「逆効果」(火に油を注ぐ)、「効果的」(仲直りしたくなる)と回答した行動についてご紹介。(協力/アイリサーチ)

●火に油を注ぐ仲直り方法(※数値は「逆効果」と回答した割合)
1位 なし崩し的にセックスをする 91.5%
2位 彼女の謝罪を促すために「反省した?」などと聞いてくる 91.0%
3位 「すぐに怒るところ、キミの悪いクセだよ」と、彼女の悪いところについてアドバイスしてくる 89.5%
4位 自分(彼女)が謝るまで、気長に構えている 85.0%
5位 ほとぼりが冷めるまで無視する、会わない 83.5%

●許したくなる仲直り方法(※数値は「効果的」と回答した割合)
1位 その場で「俺が悪かった」といって謝ってくる 93.0%
2位 「ちゃんと話して仲直りしよう」と、とことん話しあう 88.0%
3位 次回のデートで「この間はゴメン」といって謝ってくる 77.5%
4位 後で電話で謝ってくる 76.0%
5位 次回のデートで、花やケーキなどのプレゼントを渡される 73.0%

不誠実な謝罪は彼女のイライラを増幅させ、素直に謝る姿勢は怒りを鎮静させる。当然といえば当然の結果だが、男ならついつい謝罪方法を間違ってしまうこともあるだろう。

注目したいのは、「ほとぼりが冷めるまで無視する、会わない」は不評(逆効果4位)なのに、次回のデートまでの間くらいならしばらく冷静になる時間をとるのを良しとする意見(効果的3位、5位)が多かったところ。あんまり時間を置きすぎると「自然消滅してしまう」(27歳)、「向き合わないのは最低」(35歳)なんて意見もあるように、冷静になるまでのタイムリミットを見極めるのは仲直りにおけるひとつのポイントといえそうだ。

しかし、さらに見極めを必要とするのが「効果的」(許したくなる)、「逆効果」(火に油を注ぐ)の意見が分かれる仲直り方法について。

●「効果的」「逆効果」の賛否が分かれる仲直り方法
・「お互いに謝ろう」と、互いに反省することを提案してくる(効果的55.0%:逆効果45.0%)
・土下座して誠意を見せてくる(効果的53.0%:逆効果47.0%)
・「一緒にいるときは楽しく過ごそう」と、あえて普段通りに振る舞う(効果的47.0%:逆効果53.0%)
・後でメールで謝ってくる(効果的61.0%:逆効果39.0%)

【お互いに謝る】については、「一方的にどちらかが悪い喧嘩はないと思うので」(27歳)という意見に対し、「悪いほうが謝るのが当然」(35歳)という声もあり、ケンカの原因に男の過失がどれだけあるのかによっても印象は変わってきそうだ。

また、【土下座】については、「心からのお詫びの感じがする」(28歳)という人がいる一方で「わざとらしいし、誠意でもなんでもない。ポーズでしかない」(34歳)という意見も。土下座を仲直りの最終兵器と考えている人は、あざといパフォーマンスとして受け取られる可能性があることも考えておいたほうがよさそうだ。

このほか、

【くすぐりやギャグで笑わせてご機嫌をとろうとする】(効果的27.5%:逆効果72.5%)
「仲直りするきっかけがなかなか見つからないときに、彼氏から笑顔にされると嬉しくなる」(27歳)

【その場は自分(彼女)のいいなりになる】(効果的38.0%:逆効果62.0%)
「プライドを捨ててくれた感じが嬉しい」(29歳)

など、「逆効果」を支持する人の割合が多い対処法でも「許そうという気になる」という女性もおり、印象は様々。乙女心を完全に理解するのはやっぱり難しい…。

ともあれ全体の結果を見ると、ヘタな小細工はせずに誠心誠意謝ることが女性の怒りを鎮めるカギであることは間違いない様子。男性諸君! 自分に明らかに非があるケンカでは、「謝るのはカッコ悪い」なんていうプライドは忘れる方が得策のようですよ!
(有栖川匠)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト