男もガッツリ食える、カフェめしはいかが?

激辛寸前!攻めのタコライス

2016.01.21 THU

ワンコイングルメ


「こだわり手作りタコライス」。トマトが乗っていて見づらいですが、タコミートの量が多めなのがおわかりいただけますでしょうか? 撮影:うぬまいちろう
女性に比べ、男性は「カフェめし」と聞いてもイマイチ響かないもの。オシャレで健康的ではあるのですが、“ガツン”としたところのない味。そして量が小盛りとなれば、敬遠する男子も少なくないはず。

そんなカフェめしのイメージを覆すのが、JR大久保駅北口を出てスグのMK CAFE。昨年、サバサンドがちょっとしたブームになった時にも各メディアでとりあげられた店ですが、今回はランチメニューの「タコライス」をご紹介。

タコライスはタコスの具であるタコミート(ひき肉に、野菜やスパイスを加えて調理したもの)と、野菜、チーズなどをライスにのせた沖縄発の料理。まず気になるご飯の量と、ミートの量を確認しましょうか。うん、ひとまず量は成人男性でも満足できるようです。

では、お味の方は…ガツーン! 見た目女性的なオシャレメニューでありながら、強烈な“肉感”と、濃厚な味にいきなりやられました。旨い、だけど辛い。辛いものはいける口の筆者でも、かなりの刺激を感じます。タコライスはスパイシーな料理であることは理解していたのですが、こんな辛い料理でしたっけ?

「オーナーのお母さんが沖縄出身で、そのレシピがベースになっています。ただ、当店の方針は『味を完成させないこと』。辛さの追求をしているわけではないのですが、2011年の開店からずっとレシピの研究を重ね続け、攻めの姿勢でどんどん味を変化させた結果、今の辛さに落ち着いています」(スタッフの上山さん)

話を聞きつつも、舌はヒーハー。そしてスプーンも止まらない。タコミートって、ぽそぽそしている食感の場合もあるのですが、これは舌触りが滑らかでしっとりしている優しい感じ。なのに、味はかなり刺激的。

奥深い味と辛さのタコミートが舌を攻撃した後に、まろやかなチーズ、甘味のあるトマト、さっぱりしたレタスが舌をヒーリング。飴と鞭(?)のこの繰り返しが癖になりそうですよ。

「単に辛さだけでまとめてしまわないよう、タコミートに黒糖を入れて味に深みをもたせながら、トッピングの野菜と3種類の風味の異なるマイルドなチーズで全体的な辛さを抑えるなど工夫をしています。開店当初からこだわっているタコライスを、多くの方に味わってもらいたいというオーナーの思いで、ランチ限定でこの値段にしています」

なお、今回紹介しきれなかったもうひとつの名物、サバサンドは余所ではみられないマフィンで塩サバを挟んだ新食感メニュー。タコライスでお腹いっぱいだったのですが、それでもパクリといけちゃう旨さでした。こちらは、営業時間通して500円で提供、持ち帰りも可能です。ランチは土日もやっていますが、それでもこの時間は無理というならば、こちらのサバサンドも間違いのないワンコイングルメとしておススメです!
(宇都宮雅之)

■ワンコイングルメ体験記 第2回

  • てきぱきと働く、スタッフの上山さん。常連さんなのか、訪れた年配のお客さんとの気さくなやりとりも印象的でした
    イラスト:うぬまいちろう
  • 手前は同じくランチタイムにワンコインで食べられる「サバランチ」(500円)。2種類のソースが選べます。ご飯の山が2つあるのも通常仕様でお腹いっぱい
  • 同店の名物「サバマフィン」(500円)。サバサンドのバリエーションは数あれど、マフィンで挟んだものはまずみられない。脂ののった分厚いサバが入っていて、これひとつでかなりの満足感
  • 店舗外観。大久保駅北口を出れば、すぐわかる派手な見た目。元々、一軒家だったのを改装したのだとか
  • 2階はパーティーなどの貸切も可能。さらに3階には隠し部屋も…

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト