40代のアク抜きダイエットテク

清潔感を台無しにする「背中のニキビ」撃退法

2016.02.07 SUN


ハードボイルドなオトコの魅力は背中で語るもの。でも、その背中がニキビだらけでは魅力が半減してしまう。清潔感あふれるミドルになるための「背中のニキビ」撃退法について、美容皮膚科 医師の谷祐子先生にうかがった。

■■今回のアドバイザー
美容皮膚科 医師
谷祐子

1993年広島大学医学部卒業。大学病院にて整形外科、形成外科を経て、2009年広尾プライム皮膚科の院長として勤務。美容皮膚科を専門とした美肌のための美容クリニック・広尾プライム皮膚科では、皮膚の自己治癒力を最大限に活かした手術に頼らない美肌づくり、内側から瑞々しく輝く皮膚づくりを追求している。

■背中ニキビの原因は、生活習慣の乱れと「カビ」!?

谷先生「入浴の際などに自分の背中を確認してみると、ちいさなニキビがたくさん。そんなお悩みのある男性も多いのではないでしょうか。背中のニキビの原因は様々ですが、多くが生活習慣に起因しています。例えば、汗をかきやすい、日焼け、不規則な食生活、飲酒や喫煙、睡眠不足など。洗濯洗剤や柔軟剤が肌に合わない、下着や衣類の素材が合わないなどの原因も考えられます。

このほか、赤いブツブツとしたかゆみを伴うニキビは、『カビ』によるものかもしれません。人の皮膚にはマラセチア菌という真菌(カビ)の一種が常在しているのですが、このマラセチアは皮脂を好む性質を持っています。毛穴が詰まって多量の皮脂が閉じ込められた、いわゆる『白ニキビ』にマラセチア菌が侵入すると、皮脂を餌にどんどん増殖して炎症を悪化させてしまうことがあるのです」

■背中に触れる素材がニキビの状態を左右する

谷先生「背中のニキビの対策としては、第一に清潔を心がけること。汗をかきやすい人は、汗をかいたままの下着を長時間着たままにせず、まめに着替えるよう注意しましょう。パジャマやインナーなどの肌に直接触れるものは、吸水性の良いものを選ぶことも大切です。

また、入浴時にはナイロンタオルを使用している方も多いかと思いますが、柔らかい素材のものを選ぶ方がベター。週に2~3回はピーリング石鹸などを使って皮脂の詰まりを予防するのもオススメです。しっかり洗った後は必ず保湿クリームなどを塗って、乾燥しないようにしてくださいね」

■ストレスによる活性酸素は背中ニキビの大敵

谷先生「男性ホルモンには皮脂分泌を増加させる働きがあるため、男性にとってニキビができやすいのは当然のこと。加えて、働き盛りの40代には、過労やストレス、加齢によって体内に活性酸素が増加します。活性酸素は肌の加齢、乾燥、皮脂分泌を増加させてしまうため必要以上に皮脂が分泌されてしまい、背中ニキビを悪化させる要因になってしまうのです。このような状態が続いているとニキビが治りにくくなるだけでなく、ニキビ跡がシミや黒ずみになってしまうことも。

背中はなかなか自分では見えづらい所ということもあり、日ごろのケアがおろそかになりがち。清潔と保湿を大切にして、過度なストレスがたまらないようにすることも必要でしょう」

■最後にアドバイザーからひと言

「背中を清潔して保湿するだけでなく、ストレスのない生活を送る心のケアも背中ニキビの撃退法です」

記事提供 / 素晴らしきオトナたちへ。モテるオトナの悦びを。[editeur エディトゥール]

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト