今日のこれ注目!ママテナピックアップ

まるでお肉!?冷凍こんにゃくのレシピ

2016.03.15 TUE


安くてヘルシーなこんにゃく。値段のわりに、ローカロリーで食べごたえもあるので、ダイエットに活用する人も多いのでは? ダイエット中は肉類を控えがち…。実はこんにゃくを冷凍することで、食感が肉のようになり、味もしみやすくなるのだとか。こんにゃくの食べ方を変える冷凍こんにゃくと、そのレシピを紹介します。


●冷凍こんにゃくとは?
冷凍こんにゃくは、こんにゃくを凍らせた物で、凍ったことにより水分が抜けて弾力のある食感になります。この食感が肉のようであるため、肉の代用品として料理に使われることもあるそうです。また、水分のあったところが空間になることで、スポンジのような状態になり、味のしみこみが良くなるというメリットもあるそう。こんにゃくを冷凍庫で1日凍らせるだけで、いつもと違った食感が楽しめるのです。

●冷凍こんにゃくの肉じゃが風
冷凍こんにゃくにたっぷり味がしみこんだ、肉じゃが風レシピ。肉のかわりにこんにゃくを使うので、ヘルシーな一品です。

材料(5~6人分)は、じゃがいも(5個)、ニンジン(1本)、タマネギ(1玉)、冷凍こんにゃく(300g)、顆粒だし(大さじ1杯)、砂糖(大さじ2杯)、みりん(大さじ2杯)、しょうゆ(大さじ4杯)、水(500cc)。

1)冷凍こんにゃくをぬるま湯または水につけて解凍し、柔らかくなったら水で洗って食べやすい大きさに切ります。
2)皮をむいた野菜をひと口大に切り、耐熱容器に入れてラップをして、500Wのレンジで約10分チンします。
3)こんにゃくと野菜を鍋に入れ、水を加え火にかけます。
4)沸騰したら弱火にして、顆粒だし、砂糖、みりん、しょうゆの順にいれて蓋をして約10分煮ます。
5)アクを取ったら容器に移して、冷凍こんにゃくの肉じゃが風の完成です。


●冷凍こんにゃくのホルモン炒め風
肉を使わないのに、まるでホルモンが入っているかのような満足感! 下準備が少し面倒ですが、ダイエット中でもしっかり食べたい人にぴったりのメニューです。

材料(2人分)は、冷凍こんにゃく(1袋)、味噌(60g)、砂糖(20~30g)、酒(大さじ2杯)、みりん(大さじ1杯)、しょうゆ(小さじ1/2杯)、豆板醤(小さじ1杯)、にんにく(1片)。

1)冷凍こんにゃくを解凍し、キッチンペーパーで水分をしっかり搾ります。
2)湯通しし、再び冷凍して解凍し水分を絞る作業を2~3回繰り返します。
3)水分が抜けてカラカラになった冷凍こんにゃくを、他の材料をすべて混ぜ合わせたものに30分ほど漬け込みます。
4)フライパンに油を薄くひいて漬け込んだこんにゃくを焼き、照りが出てきたら完成です。

ダイエット中は、ヘルシーな食事を心がけるけれど、なんだか食べた気がしない…と感じる人も多いのではないでしょうか? 普段使っているこんにゃくをただ凍らせるだけで、いつもと違ったダイエット食が作れます。痩せたいけど食べたい。そんなあなたにぴったりの、冷凍こんにゃくレシピ。ぜひお試しあれ!
(文・姉崎マリオ/考務店)


記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト