約6割が「運転に自信がない…」

25~34歳男女「クルマの運転ここが不安」TOP10

2016.06.07 TUE

データで読み解く ぶっちゃけ世論調査 > 世論調査


「普通の住宅街で車庫入れやりなおしを繰り返し、渋滞を起こした」(34歳・女性)、「ウィンカーをだそうとしてワイパーを動かしてしまう」(28歳・女性)など仰天エピソードも。 画像協力:artfoliophoto / PIXTA
よくよく考えてみれば道路を行き交うクルマは鉄の塊。あろうことかそれを高速かつ意のままに操る必要に迫られるのだから、自動車の運転とは実に恐ろしい。それだけに免許制度と交通法規などで安全性を確保しているのだけど、ひさ~しぶりの運転となると、初心の恐怖が頭をよぎることだろう。実際、運転免許を持つ25~34歳の男女各100人(合計200人)に「運転技術に自信があるか」を尋ねてみたところ、以下のような答えが返ってきた(R25調べ/協力:アイリサーチ)。

■あなたは自分の運転技術についてどう思いますか?


自信がある 10.0%
どちらかといえば自信がある 32.5%
どちらかといえば自信がない 29.5%
自信がない 28.0%

謙虚なのか本当にヘタクソなのかはさておき、過半数が「自信がない」に振れていることがわかった。では具体的に、運転中のどんな場面に不安があると感じているのだろうか。

■運転に関わる要素で不安に思うことTOP10

(12項目の中から3つを選択。1位3pt、2位1pt、3位1ptで計算)

1位 道路の流れについていけるか 119pt
2位 縦列駐車 100pt
3位 車庫入れ 97pt
4位 高速道路への合流 93pt
5位 車幅感覚(擦らずに運転できるか) 84pt
6位 交通標記がちゃんと読めるかどうか 59pt
7位 高速道路の車線変更 58pt
8位 交差点での右折 37pt
9位 アクセルの位置やエンジン始動など、クルマの基本操作 20pt
10位 各種スイッチなどの場所 6pt

(ランク外)
特に不安はない 14pt

「縦列駐車」はともかく、「道路の流れについていけるか」や「車庫入れ」は運転するうえで必要不可欠なこと。裏を返せば、根本的な運転技術に不安を抱えている人が多いということだろう。それぞれを選んだ人のコメントを見ていこう。

【1位 道路の流れについていけるか】
「怖いのであまりスピードを出したくないが、周囲に合わせないといけないので不安」(34歳・女性)
「他の車にあわせて運転できるか不安だから」(33歳・男性)
「自分の車だけでなく、他の車にも迷惑がかかるので緊張してしまい、余計にプレッシャーがかかるから」(31歳・女性)

【2位 縦列駐車】
「めったにやらないため、できるか不安」(28歳・男性)
「教習所で行ったとき以来経験していないので、多分もうできない」(26歳・女性)

【3位 車庫入れ】
「たくさんいろんな所を確認して操作するのが苦手なため」(32歳・男性)
「タイヤがどっち向いているかわからない」(31歳・女性)

【4位 高速道路への合流】
「周りの車もスピードも出ているが出ている中の合流がこわく感じるため」(30歳・男性)
「教習所の実習時にかなり不安な結果となったから」(34歳・女性)

【5位 車幅感覚(擦らずに運転できるか)】
「実際に擦ってしまったことがあるから」(30歳・男性)
「狭い道路ですれ違う時不安」(28歳・女性)

【6位 交通標記がちゃんと読めるかどうか】
「忘れているものもあるし、意識して見ていない場所もありそうだから」(32歳・男性)

【7位 高速道路の車線変更】
「追い越し車線の車の速度が分かりにくいから」(30歳・女性)

【8位 交差点での右折】
「どこまで前に出て、どのタイミングで曲がればよいかがわからないから」(25歳・女性)

【9位 アクセルの位置やエンジン始動など、クルマの基本操作】
「ペーパードライバーなので、基本操作も忘れているから」(27歳・女性)

ちなみに久しぶりに運転して失敗してしまったエピソードを聞いてみたところ、「アクセルとブレーキの踏み間違い」(32歳・男性)や「助手席に置いていた荷物が落ちたので拾おうとしたらハンドルを握ったまましゃがんでしまい、車が左に曲がって壁に激突した」(32歳・女性)など、恐ろしい逸話がチラホラ…。運転に不安がある人は、運転の前に教習所で受けられるペーパードライバー講習に行ってみるのも手。くれぐれも、不安なままハンドルを握ることのないよう、ご注意を。

(吉々是良)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト