コンプレックスを、楽しもう

猫背の放置はキケン信号? 姿勢を良くして若返ろう

2016.07.02 SAT



画像提供/Dreamstime.com
仕事や家事、パソコンやスマホを使っている時、無意識のうちに猫背になっていませんか? 頭の重さは、成人でおよそ5kgと言われています。その重さを支えている首の骨は、ゆるやかに湾曲して負担を減らしています。しかし、首が体の上に乗っていない猫背の状態では、首に直接5kgの負担を与えてしまっています。

筋肉に負荷がかかると、血行不良が起こり、筋肉は疲れます。そうなると、筋肉は老廃物を流す力を発揮できず、コリが生まれます。これにより、シミやシワ、吹き出物、むくみ、たるみが引き起こされます。それだけでなく、猫背は内臓を圧迫し、健康にもよくないうえに、老けた印象を与えます。

1. 美しい立ち姿を意識しましょう


猫背の人で、自分自身が猫背であるということに気づいてない人がいます。立ち姿を鏡で見て下さい。「首が前に出ている」「肩が内側に入っている」状態ではありませんか? 長時間同じ姿勢の人や、腕を組む癖も、猫背になりやすいので注意しましょう。普段の姿勢を意識することを習慣にしてください。まず、頭の上から糸でつられているようなイメージをもちます。肩と腕を後ろに反らせて、お腹とお尻には少し力を入れて下さい。立ち姿を意識することで、体に緊張感がうまれ、代謝が上がるという効果もあります。

2. 歩き姿美人になろう


猫背の人は、姿勢の悪さによって背骨が固くなり、筋肉や関節の動きまで落とします。そして、骨盤のゆがみにまで影響を与えます。そういうことから、歩くときにガニ股になりやすいので注意が必要です。まず、足元に1本の線があるとイメージして下さい。目線はまっすぐ前を見つめ、ヒザをすり合わせるようにして、その線の上を歩きましょう。その時に、いつもよりも歩幅を大きくすることを意識します。猫背の人は歩幅が狭い傾向にありますので、「大股かな?」と思う程度でも大丈夫です。そうすることで、背筋が伸びて、老けを感じさせない、美しい歩き姿になります。年を取るにつれ、筋肉は落ちて行きますが、歩き方を意識するだけで筋力アップができます。歩くことで使われる筋肉は背骨や足を支えているもので、短時間の運動でも効果が出やすい場所です。血行を改善し、美肌効果も望めます。正しい姿勢でのウォーキングは、体のバランスを整えることにもつながるので、とてもオススメです。

3. ストレッチをしよう


猫背の人は、首・肩・頭皮・表情筋に慢性的なコリがでます。それはリンパの流れが悪く、老廃物が溜まって、血行不良を起こしているからです。これを解消するには、運動が一番効果的ですが、時間がないという人も多いと思います。そこでオススメしたいのが、生活の中で無理なく出来るストレッチです。

「腕周り、ワキをしっかり伸ばす」
「背筋を伸ばし、肩を回す」
「首をゆっくりと回す」

これだけで、筋肉は少しずつほぐれます。血行の良いお風呂上りに、少し動かすだけでスッキリしますよ。

まとめ


猫背は見た目だけでなく、体の中にまで影響を与えます。姿勢をよくするだけで、さまざまな問題が解決できるのです。体を支える筋肉は動かしてあげなければ、楽な姿勢を取ろうとします。ストレッチやウォーキングは、健康のためにも必要です。アンチェイジング対策として体を動かしながら、猫背を解消しましょう。

(enJOY Complex編集部)

記事提供/『エンジョイコンプレックス』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト