フレンチさながらのおしゃれ系から“B級グルメ”まで…

ブーム到来!? 都内のおいしい“進化系焼きそば”5選

2016.08.26 FRI


吉祥寺YAKISOBA四季
昨年から今年にかけて、都内近郊で“焼きそば専門店”が続々とオープンしているのをご存じだろうか。「焼きそば×バル」をコンセプトに、おしゃれな店内で素材にこだわった焼きそばが食べられる「無添加焼きそば BARチェローナ」(白金)や、行列のできる手打ち麺焼きそばの名店「みかさ」(神保町)の2号店「真打みかさ」(高田馬場)など、焼きそばブームが来ているようだ。今回はその中から、いつもとは一味違った食べ方が楽しめる“進化系焼きそば”を提供する注目の5店を紹介しよう。

■1)まるでフレンチ? 焼きそばと思えない美しい盛り付け


吉祥寺YAKISOBA四季(吉祥寺)

今年5月にオープンしたこちらのお店。店名のとおり、四季折々の色鮮やかな野菜や海鮮などを使った数種類の創作焼きそばが楽しめる。オーダーした「ざんぎと野菜の南蛮タレ付焼きそば」(820円)は、塩麹を使ったヘルシーな焼きそばとともに、“ざんぎ”と呼ばれる鶏のから揚げ、レンコンやナスの甘酢がけ、カラフルなトマトなどが盛り付けられており、焼きそばというよりフレンチを彷彿とさせる見た目! 焼き春巻の皮で作った器に麺が盛り付けられているのもユニークだ。春巻の皮で麺を包み、もちもちの麺とパリパリの皮の二つの食感を一度で楽しむのもオススメだ。
住所:東京都武蔵野市吉祥寺北町1-5-16 1F


AZABU SOBA YAKI STAND BROWN

■2)デートにも最適! ワンプレートで食べるおしゃれ焼きそば


AZABU SOBA YAKI STAND BROWN(広尾)

カフェのようにスタイリッシュな雰囲気の同店では、焼きそばをメインに、産地直送の旬野菜を焼き野菜にしてワンプレートで提供(ランチ1200円~)。シンプルなソース味の焼きそばは、昔家で食べたような、どこか懐かしくてほっとする味わいだ。焼き野菜はトウモロコシやスナップエンドウなどを使い、どれも新鮮ゆえ野菜の甘みがたっぷり。外はカリッ、中はホクホクのじゃがいもは、バジルを使った自家製ディップにつけると独特の風味が加わりリッチな味わいに。焼きそばといえば夜店や居酒屋などで食べるイメージもあるが、これなら彼女とのランチデートにも良さそうだ。
住所:東京都港区南麻布5-15-22 HIROO BOX PARK


中野 やきそば処 小出屋

■3)ソース味に飽きたらこれもあり? ナポリタン焼きそば


中野やきそば処 小出屋(中野)

中野のテイクアウト焼きそば専門店が、今年3月、より駅に近い「中野ブロードウェイ プチパリ」内に2店目をオープン。ここでは、焼きそばの麺を使った「焼きナポリタン」(並485円)が味わえる。国産小麦のみを使用した太麺は、弾力のある食べ応え! 鉄板で豪快に焼きあげるからこそ、パスタでは出せない独特のモチモチ感が出るのだとか。ちょっと甘酸っぱい懐かしのケチャップ味に、たまねぎ、ピーマン、ウインナーというシンプルな具…この絶妙なB級感がたまらない。トッピングの温玉(54円)を絡めながら食べると、まろやかになってまた違う味わいが楽しめるぞ。
住所:東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ B1F


野郎ラーメン中目黒店

■4)炭水化物×炭水化物! ガッツリ男飯系焼きそば


野郎ラーメン(中目黒)

2015年夏から中目黒店限定で「茹でやきそば パンセット」(850円)を提供中。「セット」と謳っているように、焼きそばにコッペパンが付いてきてセルフで焼きそばパンを完成させる方式だ。さすがデカ盛り系有名ラーメン店の焼きそばとあってハイカロリーなのは予想どおり! コクたっぷりの濃厚ソースが絡んだ極太麺に、名物の大量の焼き野菜がドン。男性も大満足の迫力だ。一番人気の豚肉と目玉焼きがついた「豚玉入り茹でやきそば」をパンセットにすることも可能なので、さらにボリューミーな焼きそばパンを楽しみたい人はお試しあれ。
住所:東京都目黒区上目黒3-1-4グリーンプラザ1F


下町焼きそば銀ちゃん

■5)ファストフードが融合? おもしろ食感のポテト焼きそば


下町焼きそば銀ちゃん(新宿)

最後は、直近のオープンではないものの、上野広小路と新宿に2店舗を構える鉄板焼きそば専門店「下町焼きそば銀ちゃん」をご紹介。ここの隠れ人気メニュー「鉄板バリポテ焼きそば」(700円)は、ソース焼きそばの上に“揚げ焼き”にしたハッシュドポテトがのっている不思議な一品。アツアツの鉄板の上で躍るソースの香ばしさと、ポテトのカリッとした食感が「意外と合う」とマニアに人気なのだとか!
住所:(新宿店)東京都新宿区新宿3-17-7 紀伊國屋書店本店B1F

斬新なアイデアで新境地を開拓している焼きそば。オーソドックスな焼きそばもいいけれど、ブームに乗って一味違った食べ方を体験してみては?

(池田香織/verb)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト