「ガン」から「マッサージ」まで…?

そういえば「前立腺」ってどんな器官なんですか!?

2006.10.05 THU

体の中には様々な器官がありますが、何の役に立ってるのか把握してないモノもいっぱいです。

前立腺もそのひとつですね。『ガン』や『肥大』、あと風俗でよく聞く『マッサージ』なんて言葉が思い浮かびますが、いったいどういった器官なのか? 信州大学医学部泌尿器科の西沢 理教授に聞いてみました。

「前立腺は、精液の一部の成分を占めている前立腺液を分泌したり、尿や精液の流れを調節する働きがあります。膀胱のすぐ下に尿道を取り囲むように存在していて、クルミくらいの大きさですね。R25世代なら、重さは15gほど。もちろん、精液を作るところなので、女性には存在しません」

へ~、男にしかないんですね。ちなみに、前立腺と言えば、~ガンとか~肥大とかの病気のイメージがあるんですが…。

「尿の流れも調節するので、前立腺関係の病気になった場合、残尿感や、頻尿、なかなか尿が出ない…などの症状が現れます。基本は薬の投与ですが、ガン手術の場合、前立腺とともに精液成分の大部分を作る精嚢や精管も取ってしまうので精液が出なくなります。肥大症の場合は、尿道側から機械を入れて前立腺を削り取るんです」

ぎゃぎゃぎゃ~~~~!!!(絶叫)R25世代が前立腺系の病気になることは、ほぼないそうですが…聞くだけで失神しそう! ところで、気になる『前立腺マッサージ』ですが…風俗ライターの町田足土さん?

「肛門から指を入れて行うマッサージです。もともとは、前立腺炎の治療方法だったんですが、マッサージの際、普通とは違った快感がある聖域だということがわかり、プレイとして定着したんです。最近では『エネマグラ』という、前立腺マッサージ用の医療器具を導入してる店もあります。お尻に挿入すると、まるで火山がふき上がるような、とんでもない快感が話題なんですよ~(遠い目)」

…と、いささか話は脱線しましたが、知れば知るほど深くて重要な器官なんですね。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト