煙を出さないお手軽料理を学ぼう!

旬の秋刀魚料理で粋な自宅合コンはいかが?

2007.09.20 THU

旬に疎いようでは粋な男にはなれない。秋といえば秋刀魚。紳士淑女を自宅にお招きして、秋刀魚料理を振る舞うなんてどうだろう。自宅合コンではない。旬の食材を囲んだ、粋な集いである。…ただ、焼いて煙がもくもく出ては、いささかスマートさに欠ける。

「フライパンにクッキングシートを敷き、フタをして焼けば煙の心配は無用。秋刀魚の脂分があふれ出て皮はパリパリ、中はふっくら。網焼きより香ばしく焼け、片付けも楽です」(料理研究家・浅野まなみさん)

焼き魚だけでは、ちょっと寂しい。「料理上手なんだ~」ってな女子の反応を期待しつつ、何品か“デキる風”な料理を添えてみよう。三枚におろすという難関が最初に待ち構える(ランキング参照)が、その後は簡単な料理を紹介してもらった。

「まずは“秋刀魚のキムチ和え”。刻んだキムチと1cm幅にそぎ切り(包丁を寝かせ、斜めに薄く切る)した秋刀魚の身、浅葱を混ぜ、醤油を加えれば完成。次に“秋刀魚とニンニクの洋風マリネ”。秋刀魚の身に塩を振ってペーパーで包み、10分おいて2cm幅のそぎ切りに。そしてレモン汁を振って1時間ほど寝かせます。これだけでも十分おいしくいただけますが、秋刀魚の汁気を切りオリーブオイルにニンニクを浸したニンニクオイルと、パセリを振ってもうひと工夫。もう一品は“焼き秋刀魚の甘味噌ダレ”。コチュジャン、ハチミツ、すりごま、おろしニンニクを混ぜて甘味噌を作ります。次に秋刀魚の身を4等分に切り、片栗粉を薄くまぶし、油を少しひいたフライパンで両面をこんがり焼き、甘味噌ダレでいただきます」(同)

風流を極めるならば外での七輪もアリだが、女心と秋の空は変わりやすい。雨が降れば企画はおじゃん。ノリノリだった女子も「煙いんですけど」と機嫌を損ねてしまうかもしれない。それを配慮しつつスマートに進めるのがイイ男なのだ。今週末は秋刀魚合コ…いや、秋刀魚の集いを開いてみてはいかがだろう?


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト