シュークリームとかミルフィーユとか

あの食べものの上手で正確な食べ方が知りたい

2007.11.15 THU

桔梗信玄餅。山梨県の代表的な銘菓ですよね。出張帰りなんかでおみやげでもらうと、テンションが上がります。だけど食べにくい。おいしいんだけど、黒蜜ときな粉がうまく混ざり合わなくて、おいしさを十分楽しめてない気がします。…こんなふうに思ったことありません? ここはひとつ、「桔梗屋」さんに聞いてみましょう。

「真ん中のお餅を持ち上げ、空いたスペースに黒蜜を入れ、きな粉と混ぜて食べてみてください。正しい食べ方というわけではなく、おススメの食べ方としてお客様に紹介しています」(桔梗屋広報・佐野さん)

なんでもぽっこり空いているくぼみは、単に黒蜜の入れ物を安定させるためなんだとか。黒蜜をたらすためのスペースだと思っていた人、多いのでは?

ところで、ほかにも食べにくいものってありますよね。たとえばミルフィーユ。幾重にも重なり合う層を楽しめないまま、崩れちゃったり。あと、シューが上下に分かれているシュークリーム。食べているうちにクリームがはみ出しちゃったり。オールアバウト洋菓子ガイドの下井美奈子さんにおススメの食べ方を聞いてみました。

「ミルフィーユはナイフとフォークを使い、ひと口大に切ってから食べるといいかも。またシュークリームは、フタでクリームをすくって食べるといいですね。こちらも、ナイフとフォークを使って切りつつ食べるのでも構いません」(下井さん)

崩れちゃう前に食べやすい大きさに切っておくのがポイントなのね。

「でも結局はTPOに合わせてだと思うんです。食べ方は人それぞれ。かしこまった場ではキレイに食べることが好ましいですが、男性がチマチマ食べているのもカッコいいとはいえませんしね(笑)」

確かに、一心不乱にお菓子にがぶりつくというのも男らしくはある。とはいえ、余すところなくおいしさも楽しみたい。そんな人は、これらの食べ方を試してみては?


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト