実働時間は30分程度!

意外にカンタン!“俺流手作りガム”選手権!

2008.02.21 THU

あぁ、忙しい! 年度末が近づくこの季節は、会社も慌ただしくなるもの。そんな時、平成の企業戦士をリフレッシュさせてくれるお助けマンといえば…。そう、ガムです! 実は普段何気なく噛んでいるこのお助けマン、簡単に手作りできるという噂。ホントですか、日本チューインガム協会・張替さん!

「一般に市販されているガムは、ガムベースという植物性樹脂や酢酸ビニル樹脂などを練り合わせたものに、砂糖や香料などを混ぜて作られています。ガムベースが不足していた戦時中は小麦粉で代用していたくらいですから、ご自宅でガムを作ることはできると思いますよ」

小麦粉ガムとは、強力粉と水、塩を混ぜて作るガムのこと。ちなみにその作り方は「強力粉に塩水を加えて15分こねたら、1時間寝かせる。そのかたまりを10分間水の中でもみ、でんぷん質を洗い流したら完成!」と、57文字で説明できるほどカンタン! 気になる味に関しても、好みの調味料を生成された小麦粉ガムに混ぜるだけ。

ならばR25でも手作りガムにベストな組み合わせを見つけるべく、「俺流ガム選手権」を開催せねば。ノミネートは、調味料系から、砂糖、七味唐辛子、味塩コショウ、マヨネーズ、ポン酢の5点。そのほか、イチゴジャム、抹茶、ふりかけ、ゴマ塩、日本酒。手軽に揃う10品で、いざ勝負~!

さて、厳正なる審査の結果、美味しかったベスト3は…写真前列 (※R25本誌では写真が掲載されています。)の3品に決定! かつお風味のすいとんを食べ続けている錯覚を覚えた「ふりかけ」(1位)、小麦粉の酸味とイチゴの甘みが絶妙にマッチした「イチゴジャム」(2位)、ゴマの食感が心地よく口の中ではじけた「ゴマ塩」(3位)。

一方、マズかったキングは「七味唐辛子」。辛い×10! 七味ってこんなスパイシーな味だったのねと妙に納得。ゲフッ…。

意外にも、各ノミネート作とも10分近く噛むことができた(口から消滅しなかった)今回の選手権。リフレッシュも兼ねて、お試しあれ!


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト