男27歳・結婚ってどうよ?

第6回 彼女に結婚後の話を語る男はキモイ?

2009.02.02 MON

男27歳・結婚ってどうよ?

同棲して2年近くになりますが、
彼も私も忙しさにムラがあるため
家事を一手に引き受ける時期があったり、
二人で分担する時期があったりといろいろですが、
私はキッチンとトイレ、
彼はお風呂場掃除というのは固定されていて、
記事に納得しました。

お互い忙しいときに分担して家事ができる点は
結婚や同棲の大きなメリットだと思います。

投稿者:raruさん(女性/24歳/石川県)

う~ん、お互いが分担して家事をするなんて
本当にうらやましい!

まさに僕が描く結婚後の理想の関係で、
今の彼女ともぜひこんな結婚生活を送りたいです。

でも、自分の描く結婚後の理想って
彼女にアツく語ってもいいんですかね?(キモがられない?)

その方が、一緒になったときスムーズに生活が始まりそうな気もしますが、
そんな妄想ってどんな雰囲気で語ればいいかって
意外とわからないものですよね。

そこで今回は、男が結婚後の妄想話をすることの是非や、
彼女にドン引きされない切り出し方などを探ってみたいと思います。
図版制作/武藤将也(BLOCKBUSTER) 結婚後の話をつい語ってしまうという方には、上のような発言を避けるよう注意していただいた方がよいかと…

「子どもは3人ほしいな~」みたいな結婚後の妄想話が好きな男ってアリ?



そもそもなんで結婚したいのか? その答えが、「結婚後の素敵な生活を想像(妄想?)しているから」という男性は、案外多いのではないでしょうか。

実はボクもその手の妄想が大好きで、10代のころから教育系の子育て雑誌を購読してニヤニヤしていたものです。現在はその傾向に拍車がかかり、彼女に自分の妄想を話したくて仕方がありません。

けど、個人的には、「男が結婚後の妄想をアツく語りすぎると女性にドン引きされてしまうのでは?」という懸念もあります。

そこで今回は、「結婚後の話をして、彼女に引かれた経験」というテーマで男友達にアンケートを取り、女性が引いてしまうポイントをリサーチしてみました。

すると、結婚後の理想をノリノリで話して彼女に引かれたという回答が約2割、「結婚なんてそんないいものじゃない」というネガティブな話をして引かれたという回答が約8割。

男性は結婚後について語る際、「妄想派」と「結婚消極派(以下、消極派)」に分かれるようですが、僕の同志、妄想派はかなりの少数派のようです。

では、それぞれどのようなドン引きエピソードがあるのか、さっそく見てみましょう。

まずは与党の消極派。彼らの回答を覗くと「夫婦別姓についてどう思うか?」「結婚後の寝床を一緒にしたくない」「結婚式は友人に金銭的な迷惑をかける」と夢のない話のオンパレード。これは相手に引かれても仕方ないような気が。

一方、野党の妄想派の例を見ると「超豪邸に住んで毎日遊んで暮らす」「芸人みたいな結婚式にしたい」「白州次郎と正子みたいになろう」と、少しブッ飛んだ発言が多かった模様。これらに対し、女性はドン引きというよりほぼ全員しらけたのだとか。ふむふむ、要注意です。

もちろん、受けて側の女性次第というのもありそうですが、そもそもどうして男は結婚後の妄想話(あるいはネガティブな話)を語りたがるのでしょうか? 『「しぐさ」を見れば心の9割がわかる!』(王様文庫)などの著書を持つ、目白大学社会学部の渋谷昌三先生に伺いました。

「心理学の世界には『結婚はストレスのかかる行為』という考え方があるのですが、消極派はそれを自然に感じ取っているのでしょう。ただ、結婚はしたくないけどパートナーにはいてほしいと思っているので、結婚ついてのネガティブな発言をするのだと思います」

なるほど。一方の妄想派はどうでしょう?

「彼らの発言には、本人の自信のなさが表れていますね。女性は結婚の話をする場合、『将来結婚しよう』ではなく、『2年後に結婚しましょう』といった具体的な内容を望んでいます。ただ、男性の場合、具体的な目標を達成できる自信がないと、妄想派の発言に多かったように、理想や夢といったものに形を変えてしまう傾向があるんですよ」

う~む、確かにおっしゃる通り。彼女に本気で結婚後の話をするときには、なるべくリアルな目標を語ることにして、妄想は個人で楽しむ方が無難なのかも。
イラスト/後藤亮平(BLOCKBUSTER) 具体的な将来設計を示せば、彼女のハートに突き刺さる! マンガにしてアピールなんて方法も、決して大げさな話ではない!?

理想ではなく目標ならOK!?彼女に結婚後の話を振ってみたら…



男なら「大翔」「悠斗」「陽向」、女なら「陽菜」「結衣」「葵」。

これは、明治安田生命が2008年度に行ったアンケート『名前ランキング2008』による、子どもの名前上位3つ。こんな報道を見るたび、「僕の子どもは○○にしようかなぁ」なんて妄想する今日このごろです。

さて、結婚後の理想を彼女に語りたがる男性は、一般的にあまり数が多くないようですが、少数とはいえ「彼女と結婚後の理想・妄想を楽しく語りたい!」という我が同志がいます。

そんな妄想派なら、どのような語り方をすれば彼女もノリノリになってくれるのか、気になりますよね? 目白大学社会学部の渋谷昌三先生からはこんなお話がありました。

「ポイントは理想を達成できない夢のように語るのではなく、あくまで現実的な目標のように語ること。女性は男性より結婚を現実的に考えているので、具体的な発言には敏感に反応します。『将来的にはいっぱい子どもがほしいな~』というより、『子どもは○○歳までに、3人ほしいね』といった発言の方が、同じ内容でも女性の反応が変わり、男性の妄想を聞いてくれるようになるでしょう」

なるほど~。具体的な目標を掲げて、彼女をその気にさせることがポイントなんですね。よしっ、この方法で彼女に僕の妄想を思う存分ぶつけてみたいと思います!

1月某日、新宿の居酒屋にて――。いつものように彼女を誘い、世間話から何となく結婚後の話に誘導してみました。


そういえば、A子(彼女/交際歴:約1カ月半)は、兄弟何人いたっけ?

「弟がひとりよ。昔は兄がいたらなぁ~なんてよく考えてたけどね」

おぉ、彼女の方から妄想のぶっ込み。これはチャンス。

ウチは3人兄弟で楽しかったんだけど、一人くらい女の子がいたらいいなとも思っていて。だから自分が親になったときは、男女含めた3人兄弟にしたいんだ。目標としては、僕が35歳までに2人、40歳までに3人目を養っていられるようになることかな。そのためにも今から仕事を頑張らなきゃ!

「大丈夫。きっとアナタならできるわ。私も頑張るし!」

キター!! 待ち望んでいた100点満点のリアクションです。マジでうれしい。その後も「子どもの名前」や「習い事」についてなど、僕の妄想をすべて彼女と共有し、至福の一時を過ごしました(バカップルですみません)。

それにしても、自分の妄想を将来設計のように軽くアレンジしただけで、こんな好意的な反応を示してくれるとは正直ビックリ! 後日、既婚者の同僚(女性)にこの日の話をしたところ、こんな返事がありました。

「私も将来的に二人でこういう関係を築いていきたいと具体的な話をされたとき、かなり気持ちが高ぶって、その人との結婚を強く意識したよ」

どうやら、女性は男性の真剣な思いに対しては、かなり前向きに考えてくれるようです。妄想といえどもフワフワしたままではなく、具体的な形にしてビシッとストレートに伝えれば、そこは女房役、女性はきちっとミットに収めてくれるのですね。 男性が結婚後の妄想を楽しむのに対し、
女性はより具体的なプランを求める――。

この差を結婚観の違いと一言で済ませるのは簡単ですが、
今回のレポートを通して、
個人的には覚悟の違いなのではないかと感じました。

やはり女性の覚悟には男性は勝てない気がしちゃいます。

さて、男性も結婚を決断する際は
この人と生涯をともにするという覚悟を決めるわけですが、
その証しとなるのが指輪です。

この指輪。一般的には婚約指輪は
給料3カ月分などといわれてきましたが、
これって今も変わらないんですかね? 

簡単に給料3カ月分なんていっても、
すぐに貯まるわけではないし、
人によって給料は違うので、
実は高いも安いもない気がしますよね。

既婚者のみなさんは指輪選びってどうしました? 

僕も将来に向け、少しは指輪についても考えておきたいので、
みなさんの指輪選びにまつわるエピソードがありましたら
ぜひぜひ教えてください。

独身の方やこれから結婚を控えている方は、
指輪選びについての疑問や
今現在のこだわりなどをどしどし投稿してださい。

もちろん今回のレポートの感想などもいただけるとすごくうれしいです!(妄想同士たちもぜひ)

よろしくお願いいたします!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト