男27歳・結婚ってどうよ?

第8回 結婚最大の関門!? お義父さん攻略法

2009.03.02 MON

男27歳・結婚ってどうよ?

お互いに結婚を考えている彼氏がいます。

付き合って1年半くらいになります。
そろそろご両親に挨拶を、と思っているのですが、
私の両親と、彼のご両親、どちらに先に挨拶すべきですか?

ちなみに一番手ごわいと思われるのは過保護な私の父ですが、
彼のご両親(特に母親)もなかなか攻略が難しそうです。

また、ご挨拶といっても、
具体的にどんな話をしたりするものなのでしょうか?

何をすればいいのかまったくわかりません。

投稿者:やすさん(女性/27歳/香川県)

やすさん、お気持ち分かります!

相手の両親との対面は結婚にとっての大きなイベントのひとつですが、
どうしたらご両親に気に入ってもらえるかってわからないものですよね。

特に、男性の場合は彼女のお父さん、
女性の場合は彼のお母さんをどう攻略するか、ですよね。

この大きなカベを二人で乗り越えることが、
結婚後の生活にも大きく影響してくるんじゃないかと思います。

そこで、今回は「結婚の挨拶」でどんな話をすればよいのか、
男性の立場から「お義父さん」(あえてこう呼ばせていただきます)への
話題選びや接し方を中心にリサーチしたいと思います。
図版制作/武藤将也(BLOCKBUSTER) 「カップルのホンネ通信2006」(結婚情報サイト『ゼクシィnet』調べ)に掲載のアンケート『滞在時間はどれくらい?』によると、結婚の挨拶は食事を含めて3時間以上かけて行うのが最も多いようだ。わりと長い時間を費やすようにも感じるが、それでも本題を切り出せない人が多いというのだから、結婚の挨拶の場の雰囲気は想像以上に緊迫しているのかも…

人生で最も緊張する瞬間!?結婚の挨拶の場で起こる失敗とは?



「人生で最も緊張した瞬間って何?」

先日、友人とこんな話題で盛り上がっていたところ、「初飛行機」「就職の最終面接」「初H」などのわりとベタな回答に交じって、「彼女の親への結婚の挨拶」と答えた友人がいました。

彼以外は全員独身だったので、「あれか~」と共感する人はいなかったのですが、僕を含め、誰しもが自分の答えと比べて「同等かそれ以上だな」という反応になったものです。

しかし、いつかは自分にも訪れること。彼女との結婚に向けて、今から本番でスマートに振る舞える方法を考えておくのも決して早くはない気がします。

そこで、まずは既婚の先輩方の失敗例から成功のヒントを得るべく、結婚情報誌『ゼクシィ』編集部を訪ねました。

結婚の挨拶の場でありがちな失敗ってどんなことが多いですか?

「『相手の両親の前で彼女をあだ名で呼んでしまった』とか『お酒を勧められて、酔っぱらってしまった』など、うっかりミスも少数ですが耳にします。ただ、一番多い失敗談は、『結婚の申し込みを切り出すタイミングを失った』ですね」(『ゼクシィ』首都圏版編集部・尾花晶さん)

緊張のあまり本題を言いそびれるミスが最も多い!? 個人的にちょっと意外でしたが、3月23日発売の『ゼクシィ』の付録『彼専用ゼクシィ』には、この言いそびれをした経験者の声が多数掲載されるそう。発売日前ですが、一足早く気になるその内容をちょっと拝見すると。

■「結婚させてください!」という言葉は挨拶が終わってすぐに言った方がいい。タイミングを逃してしまうといえない。

■タイミングを逃してなかなか切り出せず、雰囲気を察した彼女の父親から結婚の話を出されてしまった。

■緊張のあまりかみまくって何を言っているか分からなくなった。

う~ん、どうやら相手の両親を目の前にすると、極度の緊張により、自分が思い描いた展開で本題を切り出すことができなくなるようです。一方、成功例はというと。

■最初の自己紹介のときに「結婚を考えています」と言ってしまったので、その後の話の流れが楽になった

■結婚の挨拶をする前に何度も一緒に食事をして顔を合わせていたので、当日は極度の緊張状態にならず、程よい緊張感をもって落ち着いて挨拶ができた。

こちらは失敗例と打って変わって、当日、緊張状態に陥らないよう先手を打っています。これらを総合すると、成功のポイントは「場が和やかなうちに本題を切り出すこと」になりそうですが、ほかにも尾花さんからはこんなアドバイスがありました。

「いざ相手の両親を前にすると、緊張から『結婚させてほしい』という肝心の言葉が頭に浮かんでこないことがあります。なので、当日は『○○さんと結婚させてください』とか『○○さんと結婚をしたいと思っています』などの決めゼリフを用意しておいた方がいいかもしれません」

緊張はド忘れを誘発するもの。やはりチャンスを確実にものにするためにも、事前にセリフを用意した方がよさそうです。加えてもうひとつ忘れてはならないのが、セリフが棒読みにならないための練習ですな。
撮影/小島マサヒロ 関根勤さんの義父との初対面は、お付き合いの報告をしに当時の彼女(現在の奥様)の実家を訪れたとき。将来的には彼女との結婚を考えていたものの、まだ結婚報告をするような段階ではなかったので、簡単な顔出しという気持ちで臨んだところ、義父から「関根君も何か話があったから、ここへ来たのだろう?」と結婚話を切り出され、なんとその場で結婚の許しを得たのだとか

父は娘の彼のどこに注目するのか?“ベストファーザー”関根勤さんを直撃!



娘を溺愛してしまうのは父親の性(サガ)。未婚の僕ですら、男として何となくその気持ちが想像できるだけに、結婚にあたって彼女のお父さん(以下、あえてお義父さんと呼ばせていただきます)がどれほどハードルの高い存在になるのか、何となく想像がつきます。

けど、彼女と結婚するためにはなんとかしてそれを乗り越えなければなりません。いったいどうしたらお義父さんに娘の結婚相手として認められるのでしょうか? コメンテーターとしてTVでも活躍中の、結婚ジャーナリストのひぐちまりさんに伺うと。

「一番いい方法は、礼儀正しさをアピールすることでしょう。多くの年配男性は会社で若手社員の素行を日々目にしており、彼らをまだまだ頼りない存在に感じているもの。そんななか、娘の彼氏がハキハキとしゃべり、清潔感もあり、きちっとした挨拶を行う人物だと、『若手社員に比べてしっかりしている』と感じ、好感を抱くものです」

では、いかにイマドキの若者感を消すかがポイントになってくると?

「そうですね。ただ、それでも『仕事に対する考え方』や『家庭を持つことに対する決意の強さ』などについて、時には厳しい意見を言われることもあります。そこでふてくされたりすれば、『結局コイツも会社の若手と変わらん』となりますので、そんな時は自分の至らなさを素直に認めましょう。お義父さんの意見に、『ご指摘ありがとうございます』と言って人生を教わる姿勢を見せると、お互いの距離はグッと縮まるものです」

なるほど。どうやら結婚の挨拶の場では、謙虚な態度で臨み、お義父さんに人として信用されることが大切なようです。

とはいえ、個人的にはお義父さんの趣味の話などを交えて和やかさも出したいという気持ちもあるのですが、それについてお義父さんはどう思うものなんでしょうか?

タレントとして活躍中の関根麻里さんの父親でもある芸能界のベストファーザー関根勤さんに、父親としての心境を聞いてみました。

「内容にもよるけど、娘の婚約者が父親の趣味を調べて、その話をしてくれることって、本人としてはうれしいんじゃないかな~?」

あっ、そうなんですか。じゃあ、娘さんの婚約者が関根さんに気に入ってもらおうと、関根さんの得意なモノマネを披露するなんてことも意外とアリですか?

「いや、ナシでしょう。オーディションじゃないんだからさ(笑)。ただ、娘の相手の人となりを深く知りたいという気持ちはあるから、娘の彼氏とは結婚の挨拶の前にざっくばらんに話せる場を設けていろいろと話したいですよね」

娘さんの結婚には非常に前向きで、彼氏にも積極的に会いたいという関根さん。学生時代に好きになった人が3人ともゲイだったという麻里さんからは、まだ特定の彼氏を紹介されたことがないそうですが、溺愛する愛娘の結婚って、想像するだけでもさみしくないのでしょうか?

「うれしいに決まってるじゃん! だって家族が増えるんだもん」

くぅ~、どこまでも温かいコメント。個人的には、関根さんのおかげで勇気が湧いてきました。ただ、今回の直撃取材では冗談でも、「麻里さんをボクにください!」とは言えませんでした。だって、やっぱり関根さんを目の前にしたら、怖かったんですもん。 ドラマに登場するお義父さんはとてもコワい存在ですが、
それもすべて、娘を心配してのもの。

もちろん、温厚なタイプでもその気持ちは変わらないわけで、
ボクたちとしては、お義父さんの心配を和らげるためにも、
精一杯真剣さをアピールすることが大事なようです。

話はガラっと変わりますが、現在は未曾有の不況の真っただ中。

これだけ不景気が長引くと男女とも経済面の心配は尽きませんが、
不況は結婚にどのような影響を及ぼすのでしょう?

給料が上がらないため結婚をあきらめるという人もいれば、
結婚して共働きで家庭に入る収入を増やすという選択をする人もいそうですね。

残念ながら不況が底を打つのはまだまだ先といわれているので、
不況と結婚の関係は今後、ぜひレポートしたいと思っています。

そこで、読者のみなさんにも「不況と結婚」の関係について
ご意見を投稿していただきたく思っております。

今回の取材では、あえて主題から外しましたが、おそらくお義父さんも、
娘が結婚するつもりで連れて来た相手の経済力は気になりますよね。

みなさんのアツい投稿、ぜひぜひお待ちしております!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト